スイーツグルメ奈良市
2020/08/03 01:00

【菓匠 千壽庵吉宗 奈良総本店/奈良市】本物の味を楽しめるわらび餅

東大寺戒壇院ほど近く。
なまこ壁に格子戸の風趣ある建物は、築100年を優に越えているという。
店先に、黄色い包装紙に「わらび餅」と大書した小箱が積んである。
「黄色いパッケージのわらび餅」、「ここのは冷蔵庫に入れたらあかんねん」、「きなこには砂糖が入ってないねん」と、奈良市内に住む方なら、そんな風に覚えている奈良名菓「わらび餅」を1番商品とするお店。

生わらび餅 6切れ入 650円(税込)
      12切れ入 1,300円(税込)


https://par-ple.jp/gourmet/201808_kotonomaakari/

先代庵主がたくさんの古文書をひもとき、試行錯誤の末に製法を生み出し、国産本わらび粉と甘藷(かんしょ)でんぷんのみの自然素材へのこだわりをもった奈良のわらび餅として再現。

いま世にあるわらび餅の多くが加工でんぷんを使用して固めている。
本わらび粉が原材料のトップに掲げてあっても、化学的に作られた加工でんぷんは添加物に分類されるため表記が後になるというトリックによって、消費者は煙に巻かれている現状がある。
とはいえ、食べればその差は歴然。

ふるふると震える柔らかさと、滑らかな口溶けは、自然素材のみを長時間掛けて練り上げ、半日ゆっくり寝かせた真っ当な仕事が生み出すもの。

国産本わらび粉十割 純本生わらび餅 6切れ入 2,500円(税込)


わらび粉とは、山菜であるわらびの根から採れる希少なでんぷんのこと。
採取には手間暇がかかる高価なものだ。

このわらび粉を100%使ったのがこちらの「純本生わらび餅」。
先に紹介した「生わらび餅」とは一見してわかるその違い。
わらび粉本来の色や香り、滑らかな風味を楽しむことができる。

1年を通して7日間のみの期間限定販売であったが、昨年から通年販売を開始。

ぜひ本物の味を堪能してみて。

おやつだけでなく、お土産にもぴったりなわらび餅。
通販でも購入可能。

冷たいお茶を淹れて、『千壽庵吉宗』のわらび餅と一緒に素敵な夏の時間を過ごそう。

https://par-ple.jp/gourmet/?area%5B%5D=nara

https://par-ple.jp/

菓匠 千壽庵吉宗(かしょう せんじゅあんよしむね)奈良総本店

  • 住所/奈良県奈良市押上町39-1
  • 電話/0120-300-327
  • 営業時間/10:00~18:00
  • 定休日/無休
  • 駐車場/10台
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 非日常空間で秋のアフタヌーンティーを楽しむ至福のひととき【BABY FACE SKY TERRACE|奈良市】


  • 【新店】奈良市恋の窪にオープンしたサンドイッチのお店|Fuzzy Factory


  • 自家製プリンが入った、満足度◎かき氷【CAFE Luce|奈良市】


  • 【新店】中登美ヶ丘の幸せ運ぶカフェパティスリー|クリオール


  • 天理駅近くの老舗カフェで大人かき氷【カフェテラスオズ|天理市】


  • 奈良のあんこがおいしいあんみつ屋で、夏は抹茶かき氷【よしの舎|奈良市】