奈良市
2020/02/13 00:00

【奈良市】1260年以上続く伝統行事 東大寺「修二会」

写真:木村昭彦

修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言う。

二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰や万民の豊楽などを祈る法要で、3月1日より2週間にわたって行われる。

行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われる。

また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされる。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになった。

「お水取りが終わると春が訪れる」と言われている奈良の伝統行事。

関連イベント


https://par-ple.jp/event/202007_bishamonten/

2020年2月4日(火)〜3月22日(日)
奈良国立博物館 東新館・西新館

東大寺 修二会


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良県内4市町村の食の魅力を堪能!「NARAD EAT TOURー奈良市・田原本町・明日香村・吉野町ー」開催【奈良市】


  • 【着物ラーメン女子あきの奈良麺巡り】Vol.12ラーメン家 こゝろ


  • 9月27日は奈良県出身の俳優「八嶋智人」さんの誕生日【奈良県的今日は何の日】


  • 自転車で街をめぐるポイント獲得ゲーム!「ライドアラウンドinなら」今年も開催【奈良市・田原本町・明日香村・吉野町】


  • 【秋の花特集2022】奈良の秋を彩る秋の花スポットPart1


  • 【麺バカTAR-KUNの麺ダフルライフ】【新店】彗星の如く現れた新店2店舗の塩ラーメンに注目!<奈良ラーメン新時代>vol.25