特集
2019/12/25 00:00

話題のアレコレ総まとめ!奈良のトレンド特集2019年

平成から令和へ、新しい時代が幕を開けた2019年。
消費税が10%になり、ラグビーW杯が開催されたりと、全国的に大きな出来事が。

今回は一年の締めくくりに、今年話題になったコンテンツをキーワードで切り取ってご紹介。
知っておきたい、奈良の2019年トレンド情報を要チェック!

【KEY WORD 01】TAPIOKA


今年はなんといっても全国的な第三次タピオカドリンクブーム。
奈良もオープンラッシュの一年だった。

タピオカ自体はもちろん、茶葉やSNS映えを意識した容器などの各店のこだわりを飲み比べして楽しんだ人も多いのでは?

今のシーズンは各店でHOTのタピオカドリンクも登場している模様。
温かいタピオカならではのもちもち食感を試してみて!

https://par-ple.jp/gourmet/20190808tapioka_t/

https://par-ple.jp/gourmet/20190808tapioka_t/

https://par-ple.jp/gourmet/20190803_tapioka_ttbykindcafe/

https://par-ple.jp/gourmet/20190803_tapioka_ttbykindcafe/

【KEY WORD 02】SPOT


県内各地に新たな複合施設や観光施設がOPENし、街をにぎわせた2019年。

桜井市にOPENした『ひみっこぱーく』は、天候に左右されず「小さな子どもでも安心して遊ぶことができる」と人気のファミリースポットに。

インドアプレイグラウンド「KID-O-KID(キドキド!)」の展開などで知られる玩具会社のボーネルンド社がプロデュースを行っており、同社が手掛けるあそび場の中ではなんと西日本最大!
0歳から小学6年生までの子どもが、こころ・あたま・からだを使って様々なあそび体験ができる。

エルト桜井駐車場または市営駐車場利用時、ひみっこぱーく受付にて駐車券を提示すれば駐車料金が1時間無料になるのも喜ばれているポイント。

年末年始の休館日は2019年12月29日(日)~2020年1月3日(金)。

https://par-ple.jp/outing/20190510_himikkopark/

https://par-ple.jp/outing/20190510_himikkopark/

【KEY WORD 03】BAKERY


新店が続々登場したベーカリー。
奈良県民はやっぱりパンが好き!

奈良市にOPENした『オランジェ 登美ヶ丘店』は、「店内の雰囲気が良くパン・スイーツもおいしい」と口コミで話題に。

26台分駐車場があり、土日曜・祝日は朝8時からOPENしているので、休日の朝ごはんとして利用する人も多いそう。

https://par-ple.jp/gourmet/20190410_orange/

https://par-ple.jp/gourmet/20190410_orange/

【KEY WORD 04】COFFEE


今年もたくさんのカフェがOPENしたが、オーストラリア・ビクトリア州のエアロプレス世界大会で優勝経験を持つオーナーが淹れるコーヒーや、ラテアートの世界チャンピオンが携わっているショップ等、奈良の“コーヒー熱”もあがった一年だった。

素敵な店内で飲むもよし、テイクアウトするもよし。
コーヒー好き編集部が2020年も注目している2店舗がこちら。

https://par-ple.jp/gourmet/20191019_anybbcoffee/

https://par-ple.jp/gourmet/20191019_anybbcoffee/

https://par-ple.jp/gourmet/20191118chami/

https://par-ple.jp/gourmet/20191118chami/

2020年もますます進化を続ける奈良の街


これまであったものや以前ブームになったものを、さらに進化させた2019年。

そしていよいよ幕が上がる“五輪イヤー”。

『日刊Webタウン情報ぱーぷる』は2020年も奈良のグルメ、話題のスポット、最新イベント情報を毎日お届けしていくので、お楽しみに!

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【2022年版】奈良の桜情報&開花予想


  • イチゴ狩りへGO!!《2022年春》


  • 「子育てしやすい社会」とは②〜父親の育児をあらためて考える〜


  • 「子育てしやすい社会」とは①〜父親の育児をあらためて考える〜


  • 【玉井式教育学II】– Vol.20– 子どもが「自分で考えて行動する」には


  • 【玉井式教育学II】 Vol.19 子どもの「強み」を引き出し、伸ばすには