特集
2019/10/17 00:00

【カフェランチ特集】深呼吸したいときに

四季折々の自然に囲まれていただくカフェランチ


庭ではカエデやカツラなど、さまざまな木々がこもれびをつくる雑貨店『FIELD NOTE(フィールドノート)』。

オススメのメニューは「パンサラダプレート(1,100円+税)」。
旬の野菜やフルーツをふんだんに使用した一皿。

それぞれの味が邪魔することなく、絶妙な味のバランスで最後まで飽きることなく、気づいたらお皿は空っぽ。
具沢山だからおなかもいっぱい。

国道24号近くにあり、アクセス良好なのもうれしい『FIELD NOTE』。
ちょっとひとやすみしたい時に行ってみて。

https://par-ple.jp/gourmet/20191003_mimozagarden/

自然を眺めながらのランチはどれも絶品!


https://par-ple.jp/gourmet/20191003_mimozagarden/

奈良市街から車で走ること約30分、見渡すかぎり緑が広がる、のどかな風景に囲まれたカフェ『ミモザガーデン』。

近くの高校で育てられた野菜など、地元の食材を中心に使用。
オススメのランチは月替わりなので、旬の野菜をおいしくいただける。

1階のアトリエでは、DIY教室が行われている。
手作りの庭はまるでファンタジーの世界に迷い込んだような、ステキなつくり。

リラックスタイムを『ミモザガーデン』で過ごしてみて。

https://par-ple.jp/gourmet/20191016_cafebricks/

自然をめいっぱい感じながらいただく薬膳ランチ


https://par-ple.jp/gourmet/20191016_cafebricks/

青々とした木々に囲まれた、赤いレンガの壁が特徴の『CAFE Bricks(ブリックス)』。

オススメは「身近な食材を使って気軽にゆる〜く薬膳しましょう」というコンセプトの「ゆる薬膳(1,400円+税)」。
生産者がわかる地元の野菜を中心に使用しているから安心。

食べ方により、薬のような効用が期待される「食養生」の考え方を大切にしている『CAFE Bricks』。
季節や気温の変化に応じて、からだのいたわり方が変わるように、料理も変えていく。

からだの基本は医食同源。
おいしい食事をいただきながら、薬膳や健康について考えてみては?

https://par-ple.jp/gourmet/20191013_daybyday2/

手作りランチでこころとからだの栄養補給を


https://par-ple.jp/gourmet/20191013_daybyday2/

森の中に佇む、やさしいこもれびが届くカフェ『デイバイデイII』。

「米ナスの鶏みそだれかけ定食(950円+税)」は、一瞬お肉かと思うような分厚い米ナスに、甘めのみそだれがからんだ鶏ミンチが魅力の一品。

ナスのみずみずしさや、みそだれがごはんによく合う。

付け合わせの漬物などはすべて手作り。
化学調味料を一切使用していないランチは、からだにやさしく、店長のこだわりを感じることができる。

https://par-ple.jp/gourmet/20190924kasi/

その日の出会いを堪能“数量限定ランチ”


https://par-ple.jp/gourmet/20190924kasi/

奈良公園から車で約20分。
茶畑が広がる田原地区に静かに佇む、自家製パンと焼き菓子のお店『käsi(かし)』。

『käsi』で食べられる料理の魅力は、なんといっても素材本来の旨みを感じられること。
「特別ではなく、毎日食べても飽きないようなパンやお菓子を目指している」ということに頷ける。

人気の「käsiセット(880円+税)」は、自家製のベーグルとトーストを中心に、たっぷりのサラダ、季節のスープ、ジャムがついており、その日にしか出会えない味がほとんど。

お店までの景色も楽しみながら、やさしくおいしい時間を堪能しにでかけてみて。

https://par-ple.jp/gourmet/20191019_maharajaya/

ワンプレートでエスニック料理をとことん楽しもう!


https://par-ple.jp/gourmet/20191019_maharajaya/

生駒山のふもとに佇み、奈良市や大和郡山市を一望する『摩波楽茶屋(まはらじゃや)』では、現地出身のシェフが手がける本場アジアン料理が味わえる。

オススメランチ「ナシチャンプル(1,400円・税込)」は、どーんと大きなお皿をナシ(ごはん)と日替わりのおかず8種が彩る、見た目も楽しい一品。

宝山寺や生駒山上遊園地へのアクセスも良好な『摩波楽茶屋』。
エスニック料理と観光、両方を満喫しにおでかけしてみて。

合わせて読みたいオススメ記事


https://par-ple.jp/tokushu/20191008_cafelunchkaradaniyasasii/

https://par-ple.jp/tokushu/20191011_ekitikacafelunch/

https://par-ple.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【2022年版】奈良の桜情報&開花予想


  • イチゴ狩りへGO!!《2022年春》


  • 「子育てしやすい社会」とは②〜父親の育児をあらためて考える〜


  • 「子育てしやすい社会」とは①〜父親の育児をあらためて考える〜


  • 【玉井式教育学II】– Vol.20– 子どもが「自分で考えて行動する」には


  • 【玉井式教育学II】 Vol.19 子どもの「強み」を引き出し、伸ばすには