天理市
2019/09/21 01:00

現存最古の奈良町の地図など、江戸期奈良の観光都市の雰囲気を味わえる展示

現存最古の奈良町の地図など、江戸期奈良の観光都市の雰囲気を味わえる展示

現存する最も古い奈良町の地図『大和国小五月郷指図』の断簡や、『南都名所之絵図』をはじめとした江戸時代の観光案内図、当時の奈良を訪れた著名人の記録として松尾芭蕉自筆『野ざらし紀行』などを展示。

同館の近世大和史料コレクション「近世文書(保井文庫)」から多数展示され、江戸期奈良の観光都市の雰囲気を味わえる展示となる。

また、11月2日(土)14:00より幡鎌一弘氏(天理大学文学部教授)による記念講演「文化資源活用のパイオニア-江戸時代の奈良-」(会場:天理図書館講堂 当日受付 先着150名 12:00より整理券配布 無料)を開催!

奈良町ー江戸時代の「観光都市」を巡るー(天理図書館開館89周年記念展)


https://par-ple.jp/gourmet/?area%5B%5D=tenri

https://par-ple.jp

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • フルーツサンド専門店がオープン!【NEW SHOP】果実堂 天理店/天理市


  • 【見学会&相談会】もうすぐGW!5月開催の住宅イベントまとめ vol.1


  • 【フェア開催中】家づくり応援!5月開催のキャンペーンまとめ vol.1


  • 奈良のハイクラス住宅雑誌≪LUXURY HOME vol.2≫発売【奈良すまい図鑑シリーズ】


  • 4月18日は「よい歯の日」!きちんと歯磨きをして、キレイな歯を!【奈良県的今日は何の日】


  • 【写真あり】いざ3連覇へ!天理大学が白星発進