ラーメングルメ奈良市大阪府・京都府・和歌山県・三重県
2019/04/10 01:00

vol.8 大阪ビジネス街でお薦めのラーメン!+奈良期間限定情報

特上出し蕎麦(800円)


泡立てた口当たりまろやかで旨味溢れるスープに、弾力あるモチモチ麺!

チャーシューも味玉もハイレベル!

そして、忘れないで欲しいのはこちらの名物サイドメニュー「ローストポーク丼」!

写真はハーフサイズ(350円)。

私が一緒に連れて行った友人は、会う度に「あのローストポーク丼を食べに行きたい!」って言っています(笑)

藤原店主にインタビュー!


◆屋号の由来は?

「藤井寺市に『葛井寺』と書いて『ふじいでら』という古刹があります。

古代 日本では『藤』と、この『葛』は同義、または類語と考えられていました。

そこから私の名字『藤原』の【藤】を【葛】、読みを【かずら】といたしました。」

◆2種類の商品の紹介をお願いします。

「スープは、国内産の鶏ガラを低温で長時間(7〜8時間)旨味を抽出、出し切ったところで超強火で約1時間攪拌して更に旨味を出し切って、0.5㎜のかなり細かいメッシュで濾します。

チャーシューは欧州産 豚肩ロース。脂身を完全に折(へ)いで、低温でレアに仕上げております。3日間、浸透圧によって味を浸透、熟成させて完成させます。

燻製味玉は、ゴボウと共に一昼夜 調味した半熟煮玉子を、リンゴのチップで燻し、[薫香]と[メイラード反応]、[キャラメリゼ]の効果をお楽しみいただけるようにお作りしております。

出し蕎麦のマー油は、豚肩ロースの脂身を完全に折(へ)ぎ、4時間アク抜きをしたニンニクと共に更に4〜5時間ゆっくり弱火で火入れしてお作りしております。

カエシは無添加の再仕込み醤油と三河•カクトウ醸造の無添加のたまり醤油に、有機三洲みりん、こんにちは料理酒に、削りたてのかつを本枯れ節、無添加の紹興酒、その他乾物を加えて お作りしております。

『あわい蕎麦』のカエシは、昆布、干し椎茸のお出汁に大量のアサリと大量の甘エビのミソで、濃厚な魚介のスープに仕上げております。

チャーシューの裏に忍ばせておりますフレッシュ・オイルは、[えんどう豆]と[EXバージンオイル]を合わせております。」

◆550円で提供する理由は?

「フレンチでのお客様のお迎えのスタイルとして アラカルト(à la carte)とコースがあります。

コックとしましては、コースではなく、より懐を必要とするアラカルトでお客様をお迎えしたいという思いがあります。

デフォルトである程度トッピング等、施されているという設定より、シンプルなデフォルト設定に、サイドメニューも含めた『お客様のカスタマイズにお応えする』というスタイル。

それがコック出身の私どもの考える『おもてなし』と 捉えていただければ幸いに存じます。」

◆自店の紹介をお願いします。

「私ども『葛』は、国内産の鶏ガラ、無添加の調味料、無化調による調理でお客様をお迎えいたしております。

お近くにお越しの際は、何とぞお立ち寄りいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。」

③ とりそばモリゾー


最寄駅は肥後橋駅。

同エリアの人気店「らーめん香澄」のサードブランド店として2017年2月にオープンしたお店です。

オススメの一杯はこちら!


とりそば(800円)


芳醇な鶏出汁に、グッと醤油を効かせた深い味わいの一杯!

合わせているのは独特の形状の平打ち麺。

他店では出会うことのない、強く印象に残る一杯です。

尼崎店主にインタビュー!


◆屋号の由来は?

「JUNK STORYでの修行時代のニックネームが”モリゾー”だったのと、何のお店か分かりやすくしたかったことで商品名を使い、とりそばモリゾーと名付けました。」

◆現在3店舗展開中ですが、それぞれのコンセプトは?

「3つのブランドは単純に自分が好きなメニューが複数あるので、お店ごとに違うラインナップでやっています。

阿波座本店が煮干し、中崎町が白湯、モリゾーは鶏と太平打ち麺のお店です。

自分が食べたいと思う味は素材の味が強いラーメンなので、各店共に素材をたくさん使って、香りや旨みがしっかり出るように心がけています。」

◆看板メニュー「とりそば」の紹介をお願いします。

「鶏ガラで取ったコラーゲン多めのスープを軸に、たっぷりの節や昆布と濃いめの醤油で丸いようで切れ味もある味に仕上げています。

また、じっくり低温調理して二日間香味野菜と塩タレに漬け込んだ鶏チャーシューを5枚載せています。

鶏と太麺でガツガツ食べて頂ければと思っています。」

◆自店の紹介をお願いします。

「オフィス街で少し大通りから入っていますが、限定メニューもSNSで発信しており、会社員の方だけでなく、色んなお客様にご利用頂ければと思っています。

お客様にお出しするものは、まずは自分が食べたいと思うメニューじゃないといけないと思ってやっています。」




大阪ビジネス街のラーメン特集はいかがでしたか??

仕事やショッピングの合間に、

この記事を思い出したらぜひ食べてみて下さいね!

ではまた〜!!

◇おすすめ記事◇


https://par-ple.jp/tokushu/20190116_mazesobamatome/

https://par-ple.jp/tokushu/20190124_gyokaimatome/

店主がサラリーマン時代に静岡で出会ったラーメンに感動し、「地元にこのラーメンを持って帰る」と決意し、静岡へ引っ越しして修業。

2017年3月、地元で独立開業したお店です。

https://par-ple.jp/tokushu/20190119_menroad1/

<p style=text-align: center;>◇◇◇</p>

動物系と魚介の旨味をバランスよく合わせ、まろやかな醤油でまとめ上げた極上の一杯。

ビジュアル通り、上品でバランスがとても良い醤油ラーメンです。

静岡で修業してきた店主ならではの「生しらす」を使ったサイドメニューも大人気です!

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【着物ラーメン女子あきの奈良麺巡り】Vol.17炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ


  • 【麺バカTAR-KUNの麺ダフルライフ】【新店】煮干しラーメンに台湾まぜそば……まだまだ続く新店ラッシュ!<奈良ラーメン新時代>vol.27


  • 【着物ラーメン女子あきの奈良麺巡り】Vol.16とんこつ愛があふれてるラーメン とりこ


  • 【着物ラーメン女子あきの奈良麺巡り】Vol.15塩たいおう


  • 【麺バカTAR-KUNの麺ダフルライフ】【新店】鶏の旨味が押し寄せる恍惚のラーメンが早くも話題!<奈良ラーメン新時代>vol.26


  • 【着物ラーメン女子あきの奈良麺巡り】Vol.14ラーメン家 煌