1. Home
  2. おでかけ
  3. 【Glass Studio BLUE(グラススタジオブルー)/ガラス工房/生駒郡平群町】…

【Glass Studio BLUE(グラススタジオブルー)/ガラス工房/生駒郡平群町】フュージング体験で作る、世界にひとつだけのガラス皿

  • 情報掲載日:2019.11.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ランプシェードやカップ、モニュメントなど、さまざまなガラス工芸品が工房内を彩る『Glass Studio BLUE(グラススタジオブルー)』。

今回は、初心者でも気軽にチャレンジできる「フュージング体験」をご紹介!

フュージングとは、ガラスを熱で溶かし、ガラス同士を融合させる技術。

『Glass Studio BLUE』では、フュージングでオリジナルのガラス皿作りができる。

レクチャーしてくれるのはガラス作家のアオノコージさん、あおのめぐみさん。
丁寧に教えてくれるので、初心者にもオススメ。

誰でも楽しめる、フュージング体験に挑戦!

①四角いガラス皿の内周り、約3cmのスペースを飾るデザインを考える。
納得いくデザインにしようと、ここで悩む人が多いのだとか。
ガラスは四角片以外に、棒状、粉状のものがあるので、作品の幅が広がる。

②デザインに合うよう、ガラスを切っていく。

ガラスの切り方はとっても簡単。
ペンで印をつけ、工芸用ガラスカッターでスコア(傷)を入れる。
ガラスの両端をニッパーで持ち、切り離すと、パキッと簡単に割れる。

『Glass Studio BLUE(グラススタジオブルー)』で扱うフュージング用ガラスはアメリカ製のもので、薄いのが特長。
力もいらないので、女性にも安心だ。

③切ったガラスを糊で皿に貼り付けていく。
あまり糊をつけすぎると、糊付けの跡が残ってしまうので注意して!

④ここからはアオノコージさんによって仕上げられる。
電気炉で、ガラスが溶ける650〜750度もの高温で焼き付け、ガラス同士を融合させる。

一気に温度を下げると歪みができ、壊れやすくなるので、時々熱を入れつつ、ゆっくりと冷ましていく「徐冷」が必要となる。

一度徐冷で常温まで冷まし、平らな板状になったガラス皿を素焼きのお皿に置く。
そして再び電気炉で620度もの熱を入れることで、丸みをもった形状に変化させる。

加熱、徐冷されたガラスは、大きく色が変化するものもある。
表面張力によって丸くなったガラスは可愛らしく、色鮮やかでなんとも言えない美しさ。

体験日から、約2週間後に作品が手元に届く。
受け取り方法は、直接受け取るか、郵送も可能なので遠方の方も安心。

体験時間は約2時間で、料金は一人当たり3,800円(税込)。
郵送の場合は、送料・梱包費別途。

要予約なので、下記リンク、電話番号より予約を。

金太郎飴のようなガラス「ミルフィオリ」
金太郎飴のようなガラス「ミルフィオリ」
あおのめぐみさんによる「2020年干支皿」
あおのめぐみさんによる「2020年干支皿」

「こんなに夢中になったのは久しぶり!」という声をよく聞くそう。
フュージング体験からガラス工芸に興味を持ち、教室に通うようになった方もいるのだとか。

あなたも素敵なガラス工芸の世界に、足を踏み入れてみては?

Information

Glass Studio BLUE(グラススタジオブルー)
住所
生駒郡平群町上庄2丁目7−19
電話番号
0745-45-0663
営業時間
10:00〜12:00、14:00〜16:00
※土曜は14:00〜17:00
休み
月・火・金曜(不定休)
席数
10席
料金
1回3,800円
※郵送の場合、送料・梱包費別途
駐車場
3台
リンク
Glass Studio BLUE
twitter@glassstudioblue
instagram@glassstudioblue
line@glassstudioblue
備考
アクセス/近鉄元山上口駅より、徒歩約10分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS