ぱーぷるmamaぱーぷるmama ぱーぷるmama
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【萬御菓子誂處 樫舎(かしや)/和菓子/奈良市】日本の春を告げる和菓子

【萬御菓子誂處 樫舎(かしや)/和菓子/奈良市】日本の春を告げる和菓子

  • 情報掲載日:2021.04.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ならまち大通り沿いにある和菓子屋『樫舎』。
春日大社などの社寺からも注文を受けている有名店だ。
カウンターで、職人さんによる作りたての和菓子をいただく「和菓子のコース」は、『樫舎』ならでは。

「農家さんが作った食材の味や風味を可能な限り、そのまま残していくことが大事。"こだわり"はいらないんですよ」と店主の喜多さんは笑いながら話してくれた。
そんな謙虚な喜多さんの作る和菓子は、人々の心を掴んで離さない。

今回は日本の春を感じられる、桜色和菓子2品をご紹介。

「ひかりのどけき春の日」にいただきたい和菓子たち

みよしの 380円(税抜)

『樫舎』の看板メニューである「みよしの」が、春の吉野山を想起させるような、薄桃色を纏って登場。
こちらの「みよしの」は、備中白小豆の漉餡と吉野本葛で仕立てられている。

光が当たると透明感を帯びる姿がとても美しい。
口に入れると、ほんのりとした甘みが広がる上品な味だ。

春霞み 410円(税抜)

そのフォルムは、まるで満開に咲き誇った桜のよう。
備中の白小豆と陸奥のつくねいもを使用した桜のきんとん。
つくねいもとは、大和芋の別称。粘り気が強く、風味が高いのが特長だ。
いものやさしい甘みと、なめらかな口当たりがたまらない。

今回ご紹介した和菓子はどちらも春の時期の限定商品。
気になる人は、早めにチェックしてみて。

Information

萬御菓子誂處 樫舎(よろずおんかしあつらえどころ かしや)
住所
奈良市中院町22-3
電話番号
0742-22-8899
営業時間
9:00〜18:00
休み
無休
駐車場
3台(店前大通り沿いに有)
リンク
樫舎
Instagram@kasiya854
Twitter@kasiya_jp
アクセス
近鉄奈良駅より、徒歩約10分



同じエリアのスポット

SNS