ツキムラツキムラ 奈良の木をもっと暮らしに
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【らぁめん トリカヂイッパイ/ラーメン/生駒市】自家製麺を使ったらぁめ…

【らぁめん トリカヂイッパイ/ラーメン/生駒市】自家製麺を使ったらぁめんたち!味噌ラーメンのイメージが変わるかも?!

  • 情報掲載日:2021.01.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

低加水のパツッとした歯切れの良い自家製麺がこだわりです。
うま味調味料・添加物不使用の清湯スープは、京赤地鶏や親鶏から取った出汁に魚介も合わせたもの。
透き通っていて繊細なうえに口に広がる豊かな旨味があり、細麺とうまく調和しています。
トッピングの鶏むね肉も、しっとりとしていて肉厚で食べごたえがあります。

阪奈道路生駒インター降りてすぐの場所にある『トリカヂイッパイ』。
わざわざ訪れたいラーメン店として有名。
アクセスも良好で、連日多くの人が足を運んでいる。

店内はカウンターのみ。
特筆すべきはその形。L字型のカウンターは、お客さんと店員の顔が合いやすい構造になっている。
お客さんとの会話を大切にしている同店。
「お腹と一緒に心も満たしてほしい」、そんな想いが人気店へと登りつめた理由の一つなのかもしれない。

北海道産小麦「ゆめちから」を使った自家製麺に注目!

季節や温度・湿度によって状態が変わる小麦粉。しっかりダマを潰して平らにしていく。
季節や温度・湿度によって状態が変わる小麦粉。しっかりダマを潰して平らにしていく。
上部の小麦粉が伸びてロールされていく。
上部の小麦粉が伸びてロールされていく。

「安心して食べてもらいたい」から、添加物・防腐剤は一切不使用。
小麦の香りが高く、少し硬めなのが特徴の低加水麺で、スープによく絡むストレートの中細麺。
スパッと歯切れがよく、スルッとのどごしが心地よい。
毎日SNSで告知する限定麺には、中太麺を使用。定番の「醤油らぁめん」や「和えそば」との違いに注目してみて。

刃を変えて、麺の太さを変える。こちらは「醤油らぁめん」などに使用している中細麺。
刃を変えて、麺の太さを変える。こちらは「醤油らぁめん」などに使用している中細麺。
とうとう完成!
とうとう完成!

自家製麺は朝・昼と二回作るそう。
手間暇かけて作られた麺はここでしか味わえない味。

ここからは自家製麺を使った定番メニューをご紹介!

麺だけじゃない、もちろんスープも一級品!

醤油らぁめん

島根県産の生(なま)醤油など数種類の醤油をブレンドしたカエシを使用した、赤みが強いスープが特長。
生醤油は火入れを行なっていないから、スッキリとキレがよい。
この醤油スープに先ほどご紹介した中細麺がよく絡む。
夢中になって食べきること間違いなし!

味噌らぁめん

北海道産の赤味噌を使用。濃厚な鶏スープと魚介、そして豆乳をブレンドしたスープは仕上げにブレンダーで撹拌。
クリーミーなスープは口当たりがよく、女性ファンが多いのだとか。

もともと冬の限定メニューだった「味噌らぁめん」。
夏も食べたいという声が多く、2018年から通年化した人気メニュー。
味噌ラーメンの概念が変わるイッパイ。ぜひお試しあれ。

3月ごろまで発売予定の冬季限定「ミソカスらぁめん」は、酒蔵から直接仕入れている酒粕を使用。
寒い時期においしくあったまりたい人は、SNSをチェックしてから足を運んでみよう。

※店前の駐車場が満車の場合は、近隣の有料駐車場に駐車ください。近隣のスーパーマーケットやコンビニエンスストアには駐車しないでください。
※近隣駐車場には『三井のリパーク ワイド生駒市俵口町駐車場』があります。

Information

らぁめん トリカヂイッパイ
住所
生駒市俵口町1093
電話番号
非公開
営業時間
〈月~土曜〉11:00~14:30、18:00~21:00
〈日曜〉11:00~14:30
※夜営業(夜カヂ)は週6回、らぁめんオモカヂイッパイは月1回程度開催(日曜18:00~21:00頃の不定期営業)
休み
無休
席数
カウンター10席
駐車場
5台
※近隣にも有料Pあり。有料P使用の場合、おまけ付き。
※店前の駐車場が満車の場合は、近隣の有料駐車場に駐車ください。近隣のスーパーマーケットやコンビニエンスストアには駐車しないでください。
※近隣駐車場には『三井のリパーク ワイド生駒市俵口町駐車場』があります。
リンク
Twitter@torikadiippai
Instagram@torikadiippai

あわせて読みたいおすすめ記事

【らぁめん トリカヂイッパイ/ラーメン/生駒市】芸能人も絶賛!具だくさんな和えそば



同じエリアのスポット

SNS