ツキムラツキムラ 奈良の木をもっと暮らしに
  1. Home
  2. グルメ
  3. Vol.5カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

Vol.5カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

tabitabi

  • 情報掲載日:2021.01.29
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

こんにちは。
奈良市きたまちエリアで『菩薩咖喱(ぼさつカリー)』というネパール式のスパイスカレー店を営んでおります、カレー菩薩ちゃんと申します。
趣味はカレー、特技もカレー、ついでに将来の夢もカレーです。

すでにお店や私自身のことをご存知いただいている方々におかれましては、「カレー菩薩ちゃんとは・・・?」といった具合に、さぞ訝しんでおられることと存じます。
このような突然の自己紹介となりますこと、私自身も心苦しいような、さほど心苦しくないような、気恥ずかしいような思いでいっぱいです。

詳しくは下記の記事をご参照下さい。

さて、私の今後の人生において成し遂げたい野望はと申しますと、
それは“奈良をカレーの総本山にする!”ということです。

ひとことでご説明申し上げるなら、奈良とカレーの結びつきをより強固なものにし、奈良にありとあらゆるカレーを集結させたい、というようなニュアンスでしょうか。

世の動きに一喜一憂していたらいつの間にか終わっていた2020年もいつの間にやら暮れていき、気がつけば新年一発目の『奈良カレー総本山化計画』です。

個人的には、「おせちもいいけどカレーもね!」という耳馴染みのあるフレーズをこことぞばかり推しながら過ごしたお正月ですが、この表現の起源、遡ることなんと1976年(昭和51年)だそうです。日本人とカレー、45年経っても関係性は疎になるどころか、ますます密接になっていると言っても過言ではない。皆さまととびきりスパイシーな一年を過ごせますようお祈りしつつ、今年も『菩薩咖喱』とカレー菩薩ちゃんを何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、今回ご紹介いたしますのは、明日香村の万葉文化館に隣接するチャレンジショップ『ASUCOME(あすかむ)』内でスパイスカレー屋『tabi tabi』を営む西川大左さんです。

明日香村では、観光・商工産業の活性化に向け、2014年4月にチャレンジショップ『ASUCOME(あすかむ)』がオープン、本格的な出店の前に、低コストで店舗経営を経験できるという取り組みがなされており、西川さんもそのチャレンジャーのおひとり。

2021年3月に『ASUCOME』をご卒業され、新店舗をオープンされる予定です。まさに今勢いのある創業エピソードについて、熱いお話を伺いました。

これまでのカレー人生について

西川さんがカレー店を持つという夢を抱き始めたのは、20代の頃。
「当時好きで通っていたインドカフェがあったんですけど、そこの雰囲気が好きで。いずれお店をするなら、そういうのをやってみたいなと思いながら、全然違う仕事をしていたので、半分そのことを忘れたりしながら過ごしてて。
前職を辞める機会があったときに、何ができるかなと思って、お店を始めてみようと思ったんです。」

退職され、準備に専念された半年間、修行のためにスパイスカレー店をはじめとする複数の飲食店で働いたという西川さん。チャレンジショップに出店することになったのも、その頃にお世話になったお店の方のご紹介があってのことだったそうです。

「出店もイベントに出たりするのも、全部人との繋がりがあったから。実際に動きはじめてから、本当にいろんな方と繋がって、手伝ってもらいながらずっとやってきた感じです」

おすすめメニュー
「ミールスフルセット(カレー4種)」¥1180

ポークビンダルー(豚肉の酸味と辛味のあるカレー)、ココナッツのカレー、ダル(豆のカレー)、ラッサム(トマトとタマリンドのペッパースープ)の4種のカレーに、複数の野菜のおかず、ヨーグルトなどがセットになった豪華なプレート。

辛さを抑えたやさしい味わいながら、身体をじんわりとあたためてくれるスパイス感が嬉しいひと皿です。

それぞれのカレーの味を楽しんだあとは、いろいろな種類を混ぜながら食べるのがおすすめ!

「野菜は旬のものをできるだけ使うようにしてます。明日香なので、ライスは古代米の“黒米”です」

卒業後の新店について

2021年3月に『ASUCOME』を卒業し、5月には郡山の地に移転オープンする『tabi tabi』。元々あった古い建物をリノベーションし、新設されるカフェスペースの一角に、落ち着きのある、ゆったり時間が流れるような場所として新たにスタートされる予定です。

奈良とカレーのこれからについて

「奈良はカレー屋さん同士の仲がいい印象。お互い連携して、食べ歩きのイベントとかができたら面白いと思います。」

ご自身のお店をスタートされるまで、同業の方をはじめとする様々な方とのご縁に支えられてきたとおっしゃる西川さん。

「人との繋がりがあって、たくさん与えてきてもらったと思うので、今後もそういうご縁は大事にしていきたいです。新しい店舗では、例えば営業をしていない時間、お店をやってみたいと思っている人に場所を使ってもらうような、場を提供する側にもなれたらと思っています」

今後の奈良にカレーと助け合いの輪が根づき、カレーの総本山に一歩近づく確かな気配を感じる、あたたかいお話が聞けました!

『tabi tabi』の新店舗情報については、InstagramをCheckして下さい!

Information

tabitabi
住所
高市郡明日香村岡410 ASUCOME内
電話番号
050-5359-3199
営業時間
11:00~17:00
休み
月曜
駐車場
リンク
Facebook@tabitabi.cafe/
Instagram@tabitabi.cafe

2021年3月RENEWAL OPEN店舗情報!

Information

tabitabi
住所
大和郡山市矢田町通1-1
リンク
Facebook@tabitabi.cafe/
Instagram@tabitabi.cafe

あわせて読みたいおすすめ記事



関連記事

SNS