ぱーぷるmamaぱーぷるmama ぱーぷるmama
  1. Home
  2. グルメ
  3. vol.2:足を伸ばして訪れたい県外の名店をご紹介!!

『麺バカTAR-KUNの奈良 “麺”ダフルライフ』

vol.2:足を伸ばして訪れたい県外の名店をご紹介!!

  • 情報掲載日:2020.10.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

関西にはラーメンの名店が数多くありますが、なかでも「わざわざ足を運んでまで味わうべき!」という奈良と縁あるお店を今月はご紹介します。

“濃厚”なDNAを持つとんこつラーメン

兵庫県・尼崎に2018年1月に誕生した『ぶたのほし』。
店主・高田さんは、奈良だけでなく関西を代表する豚骨ラーメンの名店『無鉄砲』グループで約9年間腕を磨き、大和郡山『無鉄砲 がむしゃら』では店長を任されていたお方。
私も10代の頃から毎月のように通い、成人式の帰りにまで訪れた顔見知りの店主さんでもあります。

そんなぶたのほしが今年、私も審査員を務める『究極のラーメン2021 関西版』(ぴあ)で総合グランプリに輝きました。
今、関西で一番勢いのあるお店だと言っても過言ではありません!

こちらの必食メニューはとんこつラーメン!!!!

譲れないこだわり

骨まで旨い銘柄豚を使用。高火力で豚骨の旨さを極限まで引き出す!

スープは修業先の製法を継承し、その時々で選りすぐった豚骨を使い分けられています。
私が訪れた時には、鹿児島の銘柄豚“南国スイート”をメインに、宮崎産の豚骨をブレンドしていました。
ドロドロとした粘度の高いスープを口に含むと、豚の旨味、甘味、コク、香りなどあらゆる豚の持ち味がストレートに舌に伝わってきます。

このスープと喧嘩するのでは?と思うくらい個性の強い太ちぢれ麺を合わせているのもポイント。こちらは奈良の○無製麺から取り寄せているもの。

卓上に置かれたニラ辛子と辛子味噌での味変で、最後の一滴まで飽きずに食べられます。

「豚骨ラーメンの神髄を学び、多くの人との出会いが僕を支えてくれた。奈良での9年間が、僕のすべてです」と話す高田店主。
“豚の命を代表する”という意味も込められた店名に、食材への感謝と並々ならぬ野心を感じます。

コンビニでもこの味が味わえる!

現状で満足せず進化し続ける一杯を、ちょっぴり足を伸ばして味わってみてください。

また、この9月より、全国のファミリーマートでぶたのほしのカップ麺が販売されています。こちらも要チェック!



関連記事

SNS