紅葉ジャックバナー紅葉ジャックバナー 紅葉ジャックバナー
  1. Home
  2. グルメ
  3. Vol.2カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

Vol.2カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

若草カレー本舗

  • 情報掲載日:2020.10.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

こんにちは。
奈良市きたまちエリアで『菩薩咖喱(ぼさつカリー)』というネパール式のスパイスカレー店を営んでおります、カレー菩薩ちゃんと申します。
趣味はカレー、特技もカレー、ついでに将来の夢もカレーです。

すでにお店や私自身のことをご存知いただいている方々におかれましては、「カレー菩薩ちゃんとは・・・?」といった具合に、さぞ訝しんでおられることと存じます。
このような突然の自己紹介となりますこと、私自身も心苦しいような、さほど心苦しくないような、気恥ずかしいような思いでいっぱいです。

詳しくは下記の記事をご参照下さい。

さて、私の今後の人生において成し遂げたい野望はと申しますと、
それは“奈良をカレーの総本山にする!”ということです。

ひとことでご説明申し上げるなら、奈良とカレーの結びつきをより強固なものにし、奈良にありとあらゆるカレーを集結させたい、というようなニュアンスでしょうか。

季節はいよいよ秋本番といった具合で、日差しの中にも風の冷たさを感じるようになって参りました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・と、秋にはさまざまな愉しみがございますが、わたくしカレー菩薩ちゃんといたしましては、やはり、『カレーの秋』を推奨いたしたく存じます。
気温も下がり、ふとした拍子に気持ちも冷え込みやすいこの季節、カレーにはお決まりのシナモン、クローブ、ジンジャーなどのスパイスが、皆様の心と身体を温かにしてくれることうけあいです。

さて、今回は近鉄奈良駅からほど近く、餅飯殿商店街の中心にお店をかまえる『若草カレー本舗』のご店主、坂中大吾さんにお話をうかがいました。

元は調理師学校の先生をされていたという坂中さん、一体どのような経緯でカレーをやるに至ったのか、非常に興味深く拝聴いたしました!

坂中さんが料理人になろうと決意されたのは、もともと“手に職をつけたい”という思いがあったからだそうです。そして、調理師になるための専門学校に進学されたのち、当時教わっておられた先生からの誘いで、中国料理の先生として学校に残ることに。
そこからのべ26年、さまざまな生徒さんに料理を基礎の技術から教えて来られました。

その後、ご自身のお店を持つことを決意された坂中さんは、いくつかの条件を元より決めていたそうです。
ひとつは、奈良の観光の中心に近い場所にお店をかまえること。
そしてもうひとつは“専門料理店”としてお店をはじめることでした。

長年中国料理を扱ってこられたことや、料理人としてのこだわりもさながら、ご自身のお店をはじめられる際にはやはり“商売人”としての軸をブレさせないことが大事だと考えての決断だったそう。
その確固たるポリシーには、商売をやるものとして尊敬の念を抱かざるを得ません・・・!

「お客様に喜んでいただくことが第一」
お話の中で幾度となくおっしゃられたこのことばは、現在の看板メニューにも表れています。
『若草カレー本舗』の看板メニューである“若草カレー”は、オープン当初は現在よりも少し辛味の強いものでした。
注文されたお客様の反応を見て辛さを少しずつ抑えていき、現在のスタイルになったそうです。
現在はカレーの種類ごとに辛さに変化をつけており、好みによって選べるようなスタイルになっています。
そこにお客様を第一に考え、間口を広くかまえておられる姿勢が表れているのです。

おすすめメニュー

スペシャルあいがけカレー ¥1,290

人気の若草カレー、マイルドカレー、チキンカレー、ラムブラウンカレーの4種が一度に楽しめる一皿。
さまざまな味わい、辛さのカレーをそれぞれ味わうもよし、複数混ぜ合わせて味の変化を楽しむも自由です。野菜がたくさんトッピングされているのも嬉しいポイント!

焼き若草カレー ¥890

看板メニューの若草カレーにチーズ、玉子をあしらい、ドリアのように仕上げた一品。
若い年齢のお客様には抜群の人気です。よりマイルドな味わいをお求めの方におすすめ!

チーズの伸びるさま、いつ見てもうっとりしてしまいます・・・。

看板メニューにもなっている“若草カレー”は、ほうれん草の色みと、奈良の地名でもある“若草”のイメージに着想を得たそう。
もともと名物料理と呼べるものの少ない奈良で、1,000円以下で楽しめるような“奈良名物”を作り、観光に来られた方の思い出に残るような体験を提供したいという思いで開発されたこのカレーは、まさに奈良とカレーを結びつける大きな足がかりといえます。
奈良はシルクロードを通じて、日本でいちばんはじめにスパイスが納められた地。
中国の食文化の専門知識をお持ちの坂中さんからは、シルクロード交易やその周辺文化についても、今後ますます学ばせていただきたいと感じました!

ありがとうございました!

Information

若草カレー本舗
住所
奈良市餅飯殿町38-1
電話番号
0742-24-8022
営業時間
11:00~20:00 (L.O.19:30)
休み
水曜
席数
カウンター10席・テーブル4卓
駐車場
無(近隣に有料P有)
リンク
Facebook@wakakusacurry
Instagram@wakakusacurry
Twitter@wakakusacurry
アクセス
近鉄奈良駅より、徒歩約6分

あわせて読みたいおすすめ記事



関連記事

SNS