ぱーぷるmama 購読申込ぱーぷるmama 購読申込 ぱーぷるmama 購読申込
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【NEW SHOP】菩薩咖喱(ぼさつかりー)/カレー/奈良市

【NEW SHOP】菩薩咖喱(ぼさつかりー)/カレー/奈良市

  • 情報掲載日:2020.02.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2020年2月29日NEW OPEN!

きたまちに新たにオープンした『菩薩咖喱(ぼさつかりー)』。
カフェのような落ち着いた店内は、ところどころにカレーにまつわるものが置かれている。

店主の吉村さんは、カレー好きが高じて2019年6月から椿井町で間借りカレー店を始め、この度きたまちに『菩薩咖喱』をオープン。

「菩薩」とは、悟りを求めて日々修行を重ねる人のこと。
自らがカレーの悟りを目指し、修行中の身であることから、『菩薩咖喱』と名付けたそう。

混ぜて食べる!スパイスカレー

ダルバートセット(1,200円・税込)

色鮮やかなご飯や野菜が目にも楽しい一皿。

「ダルバート」とは、ネパールの代表的な家庭料理。
「ダル」は豆スープを指し、「バート」は米飯を意味する。
豆スープとご飯の他に、野菜などのおかずである、タルカリや漬物、アチャールなどがセットになったもの。
日本でいうところの定食だ。

日本人をやめて食べる?!ダルバートの食べ方

まずは豆スープやカレー、タルカリなど個々を味わう。
タルカリには、甘味や酸味などいろんな味付けがされている。
7種類以上あるので、様々な味が一度に堪能できるのもポイント。

取材時のカレーは「菩薩チキン」と「あさりのキーマカレー」。
スパイスの心地よい辛味が具材の魅力を引き立たせる。
漢方として重宝されるスパイスは、美味しいだけでなく元気もくれる。
カレーが多くの人に愛されるのがよく分かる。

メニューは季節によって変わるので、どんな味があるかはお楽しみ。

それぞれを味わった後は、お皿にのる具材をすべて混ぜる!
すべてを混ぜて食べることで、いろんな角度から違う味を楽しむことができるのだ。
混ぜることを躊躇してしまうかもしれないが、ここは日本人であることを忘れて、しっかり混ぜてみてほしい。
新たなカレーの魅力に気づくはず。

一皿で3つの味が楽しめる、合いがけカレー

合いがけカリー(1,000円・税込)

カレー2種類と豆スープのあいがけカレー。
混ぜずにカレーとご飯の味をそれぞれしっかり味わいたい!という人にオススメ。

今後は「エビカレー」や「ベジカレー」などを予定しているそう。
行くたびに変わる、スパイスと具材のハーモニーが楽しみだ。

「なんだか今日はカレーな気分」なんて日は、スパイスチャージしに『菩薩咖喱』へ行ってみて。

Information

菩薩咖喱(ぼさつかりー)
住所
奈良市北袋町7
電話番号
非公開
営業時間
11:00〜15:00(L.O.14:00)
休み
水・木曜
席数
テーブル6席・カウンター6席
駐車場
無(近隣に有料P有)
リンク
菩薩咖喱
Instagram@bosatsucurry
Twitter@bosatsucurry
アクセス
アクセス/近鉄奈良駅より、徒歩約8分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS