バンビシャス奈良バンビシャス奈良 バンビシャス奈良
  1. Home
  2. グルメ
  3. vol.7 大阪醤油特集+奈良新店速報

ラーメンブロガー"らの道P"の関西麺旅

vol.7 大阪醤油特集+奈良新店速報

  • 情報掲載日:2019.03.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
中華そば(900円)

芳醇な鶏出汁に、醤油をグッと効かせた極上清湯!

合わせている自家製麺も啜り心地がよく、心のグッと来る一杯!!

西村店主にインタビュー

◆屋号「鶴麺」の由来は?

「鶴見区で、イカしたメンバーの麺屋さん。」

◆中華そばの紹介をお願いします。

「スッキリしていますが、深みも感じれるスープ。ふとした時に思い出してもらえるような中華そばです。」

◆自店の紹介をお願いします。

「常に新しい事を求めて、今日より明日。イチに安全安心!」

③かみなり中華そば店(大阪市住吉区)

長居公園の近くで「美味い!」と評判の大人気店!

多くのお店が流行を追っている中、こちらが目指すのは「ハイブリッド昔ながら系」。

昔ながらの王道ラーメンを単に踏襲するだけでなく、各パーツは最新技術を駆使した、ハイスペックな一杯を頂けます。

コチラでお薦めの一杯は…
チャーシューワンタンメン(1,150円)

登場した時のブワッ!と湧き上がる香りに注目です。

近年、別々にスープをとって、提供直前に合わせて温めるってのが主流ですが、コチラの店主が拘ったのは、全ての食材を一本の寸胴で炊き続けることにより、本来の味・風味をありのまま提供すること。

もう香りが別格で、旨味の深みも経験したことない一杯に仕上がっています。

【ゴクッてなる動画】
福井店主にインタビュー

◆屋号の由来は?

「1店舗目の"中華そば閃"があっての店なので、そこから派生するもの、読みやすい店名を考えていたら、かみなりに行き着きました(笑)」

◆チャーシューワンタン麺の紹介をお願いします。

「食べ応えのある一杯だと思います。チャーシューは、国産のモモ肉とバラ肉の二種類を使用しています。

モモ肉に関しては、部分によっては味、食感が違いますので、そこも楽しめるように2種類はのせるようにしています。

ワンタンは食べ応えがあるワンタンを目指しています。

皮は好みのものを東京から取り寄せていますし、餡は肉をミンチにするところから自店で行ってる等、手作りのものです。

また、『包みたて』にも拘りたいと、朝巻いたものをその日のうちに提供しています。」


◆大事にしていること、拘っていることは?

「お客様に安心・安全な商品を提供できるようにしています。添加物等が入ったものは極力使用していません。

だから、餃子やワンタンの餡も自店で手作りです。そして、魚介の『香り』にこだわっています。

普通は出来上がったスープを一度冷まして保存するんですが、当店のラーメンは香りが逃げないように、冷まさずフレッシュなまま提供しています。

まずは香りを楽しんで頂きたいです。」

④麺物語つなぐ(大阪市住之江区)

店主がサラリーマン時代に静岡で出会ったラーメンに感動し、「地元にこのラーメンを持って帰る」と決意し、静岡へ引っ越しして修業。

2017年3月、地元で独立開業したお店です。

コチラのお薦めの一杯は…
今も昔も中華そば(750円)

動物系と魚介の旨味をバランスよく合わせ、まろやかな醤油でまとめ上げた極上の一杯。

ビジュアル通り、上品でバランスがとても良い醤油ラーメンです。

静岡で修業してきた店主ならではの「生しらす」を使ったサイドメニューも大人気です!

寺岡店主にインタビュー

◆ 屋号の由来は?

「今まで色んな人と繋がり助けてもらっていたので恩返しをしたく、人と人をつなぐ。そして笑顔にする。そんな『ら~麺屋の物語』にしたくて、"麺物語つなぐ"にしました。」

◆ 「今も昔も中華そば」の紹介をお願いします。

「丸鶏のみを12時間じっくり炊きあげ、鶏肉の旨味もしっかり出しそこに魚介スープと貝のエキスを加えた厚みのあるあっさりしたスープの中華そばです。」

◆ 自店の紹介をお願いします。

「毎月素材をいじり、足し算引き算のアップグレードし、果てしないゴールを目指してます!」

 

大阪で本当にお薦めの醤油ラーメン特集、いかかでしたか??

ちょっと足を延ばしてでも、ぜひ食べてもらいたいお店ばかりです。

近くに行く機会があれば、ぜひ試してみてくださいね~。

◇おすすめ記事◇

◇◇◇



– 今日も週末も、奈良のおでかけをもっと楽しく! –

グルメ、イベント、NEWSHOPなど奈良の最旬情報を網羅!
日刊webタウン情報ぱーぷるは毎日更新。

おすすめ記事をお届けするぱーぷるFacebookもフォローしてみてね♪


ぱーぷるFacebookページはコチラから!

関連記事

SNS