ぱーぷるmamaぱーぷるmama かき氷特集2021
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【和洋バル なか川】Vol.9カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

【和洋バル なか川】Vol.9カレー菩薩ちゃんの奈良カレー総本山化計画

  • 情報掲載日:2021.06.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

こんにちは。
奈良市きたまちエリアで『菩薩咖喱(ぼさつカリー)』というネパール式のスパイスカレー店を営んでおります、カレー菩薩ちゃんと申します。
趣味はカレー、特技もカレー、ついでに将来の夢もカレーです。

すでにお店や私自身のことをご存知いただいている方々におかれましては、「カレー菩薩ちゃんとは・・・?」といった具合に、さぞ訝しんでおられることと存じます。
このような突然の自己紹介となりますこと、私自身も心苦しいような、さほど心苦しくないような、気恥ずかしいような思いでいっぱいです。

詳しくは下記の記事をご参照下さい。

さて、私の今後の人生において成し遂げたい野望はと申しますと、
それは“奈良をカレーの総本山にする!”ということです。

ひとことでご説明申し上げるなら、奈良とカレーの結びつきをより強固なものにし、奈良にありとあらゆるカレーを集結させたい、というようなニュアンスでしょうか。

毎日暑かったりじめじめしていたり、なんだか気分が盛り上がらない日々が続き、毎年のことながら、どうしてこんな酷い目に…?と泣き崩れる季節となりました。そう、梅雨です。

こういった時期は体も怠く重たく感じがち。梅雨の時期の不調を解消するのに大事なことは「身体の余分な水分を除くこと」「胃腸をいたわること」だそうです。
余分な水分を取り除くとは、すなわち、適切に代謝をさせるということ。おなかにも重たくなく、サラッと入ってくるスパイスカレーで、体内の水分を循環させていきましょう。

さて、今回ご紹介いたしますのは近鉄奈良駅からほど近く、飲食店で賑わう通りの路地を少し入った先にあります“和洋バル なか川”で、日々料理の腕を振るっておられる青山直樹さんです。
こちらのお店、店内の雰囲気とお料理も素晴らしいのですが、青山さんが作るランチのカレーが大変おいしいと評判なのです。
カレーを任されるようになったいきさつ、カレーへの情熱について余すところなくお話を伺いました。

これまでのカレー人生について

「スパイスからカレーを作ったのは、前の職場にいたときが初めてでした。
職場で打ち上げみたいなのがあって、その時に自分がカレーを作ることになって。カレーになるまでに鍋の中で何が起きてるのか、作ってみるまで全然わからんかったけど、イメージとしては何十種類もスパイスを用意してやらなあかんと思ってました。

それがやってみたら、意外と三種類とかだけで簡単にできて。
三種類だけでこんなにおいしいのができるんやったら、もっと種類を増やしたらもっと面白いカレーが作れるんじゃないかなって思って。
そこからスパイスの魅力にひかれてズブズブと入っていきました。」

「もともと実家が飲食業を営んでいて、小さい頃からずっとその手伝いをやってました。
その後サラリーマンになったけど、いろいろあって合わないと感じて、学生時代のバイト先だった今のお店で働くことになって。

その時からカレーをやりたいっていう話はずっとオーナーにしていて、試作を何度も食べてもらいながら、試行錯誤してました。

それからついにOKが出て今に至ります。
何回も試作して改良していったことで、より自信にもなりました。」

おすすめメニュー

本格スパイスカレー ¥1,200

スパイスを一から配合したオリジナルのスパイスカレー。

カレーに使用する食材は不定期で変わります。
この日はスパイシーなチキンカリー。

ココナッツのマイルドさとマスタードシードのすっきりした香ばしさがチキンの旨味を引き立てます。

「目指したいのは、それぞれの食材や手順の目的がはっきりしてるカレー。

一個一個に武器が備わってるというか…料理自体がそういうものやと思ってるし、自分が出したい味、感じて欲しい香りを一個一個丁寧にやるのが料理やと思ってるから、それをカレーにも出せればと思います」

奈良とカレーのこれから

「今はまだ自分自身のオリジナルのカレーというのが持てていないと思うので、これからも挑戦し続けたいなと思います。
カレー専門店じゃないからこそ、北インド、南インドのしばりとかを抜けていろんなものを表現できるし、洋食とか和食とかいろんな要素を一皿にのっけれる感覚で、自由自在に変えて行けたら面白いと思う」

「目新しい食材とか旬のものとかを、自分やったらどう出されたらうれしいかを考えてやっていきたいし、その結果として自分のファンがついて、それが店のお客さんになってくれたら嬉しいです。地道に一個ずつ知ってもらえたら」

今後、どんな形であってもカレーは必ず続けたいという青山さん。
妥協のない成長意欲に刺激を受けました!

Information

和洋バル なか川
住所
奈良県奈良市小西町2-3
電話番号
0742-26-3700
営業時間
〈ランチ〉11:30〜14:30(L.O.14:00)
〈ディナー〉17:00〜24:00(L.O.23:30)
※新型コロナウイルス感染症の状況により、営業時間に変更あり。
休み
火曜
席数
カウンター6席・テーブル12席・ソファ10席
駐車場
無(近隣に有料P有)
リンク
Facebook@bar_nakagawa
Instagram@bar_nakagawa
アクセス
近鉄奈良駅より、徒歩約3分

あわせて読みたいおすすめ記事



関連記事

SNS