【奈良県木材協同組合連合会】〜美しい街づくりのために〜 家の外構に木材を使用しませんか?住宅会社選び ナラタテ 【奈良県木材協同組合連合会】〜美しい街づくりのために〜 家の外構に木材を使用しませんか?
  1. Home
  2. その他
  3. 高田商が夏に続き天理を撃破!【高校野球/秋季奈良県大会2021準決勝】

高田商が夏に続き天理を撃破!【高校野球/秋季奈良県大会2021準決勝】

  • 情報掲載日:2021.10.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

夏の県大会の再来!

2021年10月3日、奈良県の佐藤薬品スタジアムで高校野球秋季奈良県大会の準決勝、天理対高田商が行われた。
今年の夏の大会では天理が高田商に敗れているので、リベンジとなる一戦。

1回裏、高田商は1番東口君の3ベースでチャンスを作ると、2番澤村君が四球でランナーに出て、盗塁を決めて2、3塁のチャンス。
3番紺井君の犠牲フライと4番野田君の内野ゴロからのサード送球エラーにより2点先制。

2回表、天理は1アウト1、3塁から8番南澤君のタイムリーで1点を返す。
続く9番重舛君のレフト前ヒットで2-2の同点に追いつく。
その後も2番大城君のタイムリーなどで逆転!
5-2と天理がリードする。

天理の南澤君
天理の南澤君
天理の重舛君
天理の重舛君

4回裏、高田商は9番宮武選手のタイムリーなどで5-5の同点に追いつく。

5回表に天理は7番永井君のタイムリーで6-5とリードするが、

5回裏に高田商の打線が爆発!
5番西川君のタイムリーなど連打で7点をあげて12-6と突き放す。

4回の宮武選手
4回の宮武選手

これが利いて天理は3点を返すのがやっと。
13-9で夏の奈良県大会準決勝に続き、天理は高田商にまた敗れた。



同じエリアのスポット

SNS