【奈良県木材協同組合連合会】〜美しい街づくりのために〜 家の外構に木材を使用しませんか?住宅会社選び ナラタテ 【奈良県木材協同組合連合会】〜美しい街づくりのために〜 家の外構に木材を使用しませんか?
  1. Home
  2. イベント
  3. 【寧楽美術館/奈良市】陶工にして中国古印研究者、加藤慈雨楼の事績を紹介

【寧楽美術館/奈良市】陶工にして中国古印研究者、加藤慈雨楼の事績を紹介

  • 情報掲載日:2021.09.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

京都清水の陶工にして在野の中国古印研究者であった加藤慈雨楼(かとうじうろう)の知られざる事績を紹介。

加藤家より寄贈された関係資料を通して、慈雨楼の作陶と印学の軌跡をたどる。

出品作品(一部)

磁印「蘭亭序」分刻 加藤慈雨楼(昭和38年)
王羲之「蘭亭序」324文字を3つの入れ子式印にした大作。

磁印「蘭亭序」分刻 加藤慈雨楼(昭和38年)
磁印「蘭亭序」分刻 加藤慈雨楼(昭和38年)

白磁獣鈕印「般若心経」(印影) 加藤慈雨楼(昭和40年)
嵯峨野 大覚寺に奉納された原印とともに展示されている。
8センチ四方に般若心経278文字を刻した渾身の作。

白磁獣鈕印「般若心経」(印影) 加藤慈雨楼(昭和40年)
白磁獣鈕印「般若心経」(印影) 加藤慈雨楼(昭和40年)

加藤慈雨楼(1904~2000)

慈雨楼(じうろう)の号は本名の十郎<じゅうろう>から名付けられた。別号は紫山(しざん)。

昭和8(1933)年に園田湖城主宰の篆刻結社 同風印社に加わり、篆刻とは学問として学ぶべきものであると悟った慈雨楼は、家業の陶磁器製作と共に篆刻技術の研鑽、実物の古印に基づく印章研究に力を注ぎ「磁印」という形に表現した。

Information

受贈記念展「加藤慈雨楼 -磁印凛々-」
開催期間
2021年8月12日(木)~ 12月26日(日)
9:30~16:30(入園受付は16:00まで)
会場名
寧楽美術館(ねいらくびじゅつかん・名勝依水園内)
会場住所
奈良県奈良市水門町74
休み
火曜日 ※但し11月23日(火・祝)は開園し、翌日11月24日(水)は休園
水曜日(当面の間、臨時休園)
庭園整備期間 9月21日~9月28日
料金
一般1,200円、高校生・大学生500円、小・中学生300円 (庭園・美術館を含む)
問い合わせ先
名勝依水園・寧楽美術館
問い合わせ先
電話番号
0742-25-0781
リンク
名勝 依水園
備考
近鉄 奈良駅より 徒歩15分
または市内循環バス「県庁東」下車 徒歩3分

編集部おすすめの記事はこちらから

おうち時間を豊かにする「テイクアウト特集」



同日開催のイベント

SNS