ぱーぷるmamaぱーぷるmama かき氷特集2021
  1. Home
  2. イベント
  3. 【大和郡山市】今までも、そしてこれからも。大和郡山を発信し続ける技の…

【大和郡山市】今までも、そしてこれからも。大和郡山を発信し続ける技のコラボレーション

  • 情報掲載日:2021.03.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

大正13年(1924年)に建てられた『町家物語館 (旧川本邸)』は国の有形文化財に指定され、かつての大和郡山の栄華を今に伝える貴重な遺構。
このことは、大和郡山の文化と歴史の重厚さの証。その文化と歴史が長く続いていることを伝承していく。

今までも、そして、これからも。
およそ100年前に建てられた町家物語館の価値を「発信」する仕掛けとともに、「手仕事」にこだわる作り手たちの技や表現とのコラボレーション企画展。
このイベントを通じ、『町家物語館(旧川本邸』』を大和郡山の文化と歴史のシンボルとして発信。
文化資源や観光資源として市域内外からの集客を図り、子どもから高齢者までのあらゆる世代が誇りを持てる、大和郡山のまちづくりをサポートしていく。

イベント内容

時代の最先端、旧川本邸遊郭建築を語る

栄華を今に伝える歴史的建造物の一つ、川本邸の歴史的な価値及び建築学上の真価を掘りおこし、伝える講演を開催。
3月14日(日)⓵14:00〜14:30 ②15:00〜15:30
講師 稻上 文子(一級建築士事務所・稻上建築設計事務所)

インスタレーション

若手作家がストーリーの進展を示唆すると同時に奥行きのある会場の空気感を取り込み、工芸品を用いて空間表現。

野田ジャスミン 「記憶のスワン05_境界の水鳥」 
森 幸太郎   「佇む椅子」
玉井 静穂   「くうはう」
金本 卓也   「花器」

コラボ企画

・コットウスパークリング
骨董屋「マタン」と「La lettre」によるコラボ企画。骨董のうつわを普段の食卓に気軽に取り入れる、
新しい『骨董×食卓』をテーマに雛道具を使ったお茶会や可愛らしい豆皿達を展示。

・工芸クラフト 
町家の小部屋を使用し、奈良を中心とした若手工芸作家11名が良質な作品を展示販売。

・フード
スイーツや超人気カキ氷店など奈良で活躍する3店舗が出店。
・氷匠ル・クレール(かき氷)
・soraniwa(焼菓子)
・やどりか珈琲(コーヒー)

・ライブパフォーマンス
書道や音楽など、風情ある町家の中庭でライブパフォーマンスを実施。

Information

大和郡山の悠久をつむぐ
開催期間
2021年3月13日(土)・14日(日)
10:00~17:00(最終日は16:00まで) 
入場無料
会場名
町家物語館(旧川本邸)
会場住所
大和郡山市今国府町361-91
料金
入場無料
問い合わせ先
三島俊明(担当者)
問い合わせ先
電話番号
TEL:090-5900-8817 MAIL:mb-76kw38ml@kcn.jp
備考
近鉄郡山駅より、徒歩約8分
JR郡山駅より、徒歩約8分

SNS