ぱーぷるmama 購読申込ぱーぷるmama 購読申込 ぱーぷるmama 購読申込
  1. Home
  2. イベント
  3. 【川上村】500年以上途絶えることなく、いまに語り継がれる朝拝式

【川上村】500年以上途絶えることなく、いまに語り継がれる朝拝式

  • 情報掲載日:2020.01.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

朝拝式とは、悲運の最後を遂げた自天王を偲び、三之公の御所で御即位された『朝賀大礼』の儀式を模して、自天王の武具をご神体として崇める式典。

明徳三年(1392年)に南北朝合一がなされた際に、南朝と北朝は交代で皇位につくことを約束したが、その約束は守られず南朝の皇子たちは吉野に逃れた。

その後、長禄元年(1457年)、北朝方の赤松家一党によって、南朝の流れを受け継ぐ自天王(尊秀王)は若くして悲しい最期を遂げた。

その惨事を伝え聞いた川上郷士たちは赤松家一党から自天王の御首を取り返し、金剛寺に手厚く葬ったと伝えられている。
自天王の御首を奪い返した川上郷士の雄志は代々語り継がれ、長禄三年(1459年)から毎年2月5日には、遺品の兜(重要文化財)などを拝する御朝拝式が行われている。

村内外問わずに誰もが見学可能。
国・村指定重要文化財などを拝観できる数少ないこの機会に、ぜひ足を運んでみよう!

Information

朝拝式
開催期間
※本イベントは終了しました。
2020年2月5日(水)9:30~12:00頃
会場名
金剛寺
会場住所
奈良県吉野郡川上村大字神之谷212
料金
無料
問い合わせ先
川上村朝拝式保存会(川上村教育委員会事務局内)
問い合わせ先
電話番号
0746-52-0144
リンク
奈良県川上村
備考
P約30台(無料)

アクセス/
 <バス>近鉄吉野線大和上市駅より、バス乗車後、停留所「ふれあいセンター」で下車
 <車>南阪奈道路「葛城IC」から車で約1時間10分で北和田ふれあいセンターへ
 北和田ふれあいセンターから金剛寺へはシャトルバスを利用。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS