ぱーぷるmamaぱーぷるmama ぱーぷるmama
  1. Home
  2. イベント
  3. “街と里山の連動” 里山での野外絵画作品展

“街と里山の連動” 里山での野外絵画作品展

  • 情報掲載日:2019.09.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

6月にGallery OUT of PLACE NARA(奈良市今辻子町)で開催した展覧会、お留守番プロジェクト vol.14『さとやま-ギャラリ / SATOYAMA GYARARI Exhibition』の続編企画となる野外絵画作品展。

作家|岡本里栄
企画|葛本康彰

“里山とギャラリーの連動”をコンセプトにした6月の展示では、里山の取材をもとに描かれた絵画作品や、里山の廃材を利用した机や椅子などを展示した。

本展では街や家庭の日常的なモチーフによる絵画作品や、ギャラリーで展示した机、椅子などを再び里山で展示し、街と里山との新たな連動を試みる。

展覧会当日にはワークショップも開催予定。

会場は同志社大学経済学部 里山きゃんぱす。同志社大学経済学部が、経済学の実践型総合学習をおこなうフィールドであり専門科目「里山保全の実践経済学」が開講されている。日常は、里山の価値の再発見と新たな価値の創造に向けて、同学部の岸基史ゼミナールの学生が地域住民の方々と共に里山の修復・保全活動を行っている。

本展はそうしたゼミ活動の理念に沿った、里山の現代的な価値や利用法を探る試みの第4弾でもある。

Information

やまあそび vol.4 野外絵画作品展『絵描きが山に行く理由 / Painter in the Forest』
開催期間
2019年11月24日(日)
11:00~16:00
会場名
同志社大学経済学部里山きゃんぱす
会場住所
奈良県生駒市高山町2693
料金
入場無料/ワークショップ参加は有料
問い合わせ先
やまあそび製作員会
問い合わせ先
電話番号
080-4482-5001(代表/葛本)
リンク
やまあそび製作委員会
備考
P10台

アクセス/
近鉄「富雄駅」バス停2番乗場 傍示行 乗車「東庄田」下車、徒歩約10分
近鉄「三山木駅」バス停3番乗場 高船行 乗車「打田」下車、徒歩約20分
京阪「私市駅」からくろんど池自然公園経由、徒歩約90分



この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS