ぱーぷるmamaぱーぷるmama ぱーぷるmama
  1. Home
  2. イベント
  3. 古文書や埴輪など、斑鳩町にまつわる貴重な品々を公開!

古文書や埴輪など、斑鳩町にまつわる貴重な品々を公開!

  • 情報掲載日:2019.05.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

斑鳩町の五百井地域は、町役場より南東方向約500mに位置しており、古墳時代中期に造営された斑鳩大塚古墳や、国の重要文化財指定を受けている伊弉冊命神社本殿、江戸時代の五百井村の庄屋を務めていた大方家の文書群など、貴重な文化財が多く伝えられています。

こうした歴史資料や考古資料を通じて、斑鳩町における歴史や文化の豊かな地域の一つである五百井地域の歴史を多くの方に知っていただくため、大方家文書調査の成果を中心に紹介する展示会を開催します。

<斑鳩大塚古墳について>
古墳時代中期(5世紀前半頃)に造営された直径約43mの円墳で、形象埴輪や円筒埴輪などの出土品を展示します。

<伊弉冊命神社について>
昭和45年の本殿解体修理工事にともない調査が行われ、天正8(1580)年の墨書のある板材が見つかっています。本殿は、春日造りの一間社で、国の重要文化財の指定を受けていて、展示会では、パネル展示などによって当地域の貴重な建造物として紹介します。

<大方家文書について>
江戸時代に五百井村の庄屋を代々務めた大方家には、江戸時代を通じて村の関係文書がほとんど欠けることなく伝えられています。また、中世文書や江戸時代に血縁関係にあった旗本家との関係文書も新たに確認され、現時点での総数は約1万3千点を数え、奈良県や日本の歴史を考える上でも、大変重要な文書群と考えられています。現在、斑鳩町ではこれらの文書の調査をすすめており、その調査成果の一部を紹介します。

Information

春季企画展「斑鳩町の地域歴史展① -五百井地区の大方家の歴史資料を中心に-」
開催期間
2019年5月25日(土)~6月30日(日)
9:00~17:00(※入館は16:30まで)
水曜休館
会場名
斑鳩文化財センター
(正式名称:斑鳩町文化財活用センター)
会場住所
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1-11-14
料金
無料
問い合わせ先
斑鳩文化財センター
問い合わせ先
電話番号
0745-70-1200
備考
P有(無料)

アクセス/
<電車>JR法隆寺駅より、徒歩約25分
<車>法隆寺ICから、車で約10分
<バス>斑鳩町役場バス停から北へ徒歩約3分/法隆寺参道バス停から西へ徒歩約5分



この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS