ぱーぷるmamaぱーぷるmama ぱーぷるmama
  1. Home
  2. イベント
  3. 30分に一本の電車を眺めながら、駅舎カフェで生演奏を楽しむひとときを

30分に一本の電車を眺めながら、駅舎カフェで生演奏を楽しむひとときを

  • 情報掲載日:2019.03.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

"京の終わり"と書いて「京終(きょうばて)」 。

奈良に佇む無人駅「京終駅」 。

名前から連想されるのは遠く離れた郊外かもしれませんが、京終駅はJR奈良駅の隣駅にあたり、奈良の繁華街から歩いても15分ほどという好立地。

エアポケットのように取り残されてしまった小さな駅が、改修工事を経て今年2月に新しく生まれ変わりました。駅舎は建築当初(明治時代)のデザインに復元。「ハテノミドリ」という 可愛らしいカフェも併設され、電車を待つ時間もゆっくり楽しめます。

「ハテノミドリ」には奈良出身ブリスベン在住の音楽家 momo hamadaさんから白いアップライトピアノが寄贈されました。

30分に一度の電車の往来という「静かな駅」の特色を生かし、京終駅では定期的に音楽イベント「結び音」(むすびね)も開催されます。

第2回目にあたる今回、出演するのは山梨県甲府在住のシンガーソングライター「森ゆに」さん。(ゲスト演奏者/ギタリスト 田辺玄さん&ボーカリスト 太田美帆さん)

森 ゆに
森 ゆに

音響を担うのは奈良で手作りのスピーカーを製作するsoni house 鶴林万平さん。

16日(土)は未就学児入場不可、17日(日)は未就学児専用シートあり(限定数)、未就学児は 入場無料。

また、17日(日)のみMAHO-ROBA forest (生駒/カフェ) による出張お弁当販売もあり。一折1,200円で、お弁当はライブをご覧頂かない方も12:30〜14:00迄購入できます。

かつては終着駅として人のにぎわいの音が絶えなかったけれど、今は静かな無人の駅舎となっている京終駅。この静かな駅に音が寄り添い、音色が人を結び、街を結び、心を結ぶ、音楽を楽しめるまちにしていくことが「結び音」開催のコンセプト。

これから新しく育まれていく京終駅とまちを祝ぐ、真っ白なピアノの音色を楽しもう。

Information

KYOBATE THINKING 結び音 act.2 "白いピアノと祝いのうた"
開催期間
2019年3月16日(土)、17日(日)

3月16日(土)17:30開場、18:30開演、20:00閉演 
3月17日(日)12:30開場、14:00開演、15:30閉演
会場名
京終駅舎カフェ ハテノミドリ
会場住所
奈良県奈良市京終町211 京終駅舎内 ハテノミドリ
料金
前売券3,500円+1drink 
当日券4,000円+1drink
問い合わせ先
特定非営利活動法人京終(NPO KYOBATE)
問い合わせ先
電話番号
info@kyobate.org
リンク
NPO KYOBATE
備考
P無(近隣に有料P有)

アクセス/JR京終駅舎内

◇◇◇



この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS