1. Home
  2. おでかけ
  3. vol6.『白ちゃんハウス』

オトノハコ

vol6.『白ちゃんハウス』

縛りなし。ライブに芝居にさまざまに、誰もが遊べるハコ

  • 情報掲載日:2018.05.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

鹿の白ちゃんの家である

白ちゃんは音楽が好きで芝居が好きでイベントごとが大好き。
みんなの“熱”が一つになる。そんな一体感と高揚感あるライブが、鹿せんべいより好物だ。

「エンジョイスペース 白ちゃんハウス」がオープンしたのは約4年前のこと。

三条通りは奈良のメインストリートである。
なのに遊べる場が少ない。ならばみんなでつくろう。この通りに人がいっぱい集まって、みんなが楽しくつながれますように。
商店街の人々が、そんな願いを込めてつくった“遊びのハコ”がここ。
白ちゃんは三条通りの鹿キャラである。

音楽ライブもあれば、演劇イベントもある。
ときにダンスイベントやパーティイベントも仕掛けられ、さまざまに人を「エンジョイ」させる祝祭空間となる。

クラブ系イベント「HERITAGE 梟nite」の夜。関西のヒップホップシーンの重鎮、SHINGO★西成 & DJ FUKUがフロアを熱く揺るがした。
クラブ系イベント「HERITAGE 梟nite」の夜。関西のヒップホップシーンの重鎮、SHINGO★西成 & DJ FUKUがフロアを熱く揺るがした。

あるときはHIPHOPのクラブ系イベントで沸き返り、あるときはなつかしのディスコで老若男女が時を忘れてフィーバーする。

「522あるとき」主催のJun Tamakiさんと映画「かば」川本貴弘プロデューサーの映画「かば」トーク。
「522あるとき」主催のJun Tamakiさんと映画「かば」川本貴弘プロデューサーの映画「かば」トーク。

この夜は映画&ライブイベント「522あるとき」が行われた。
制作途上にある映画「かば」-西成を生きた教師と生徒ら-パイロット版上映とトーク、3アーティストのライブで盛り上がる。
フード&ドリンクブースも充実し、ド平日の火曜日にも関わらず多くの人が濃密な時間をともにした。

「522あるとき」にて。圧巻プレイのDOVE (SHO + KAJA)とリキューのライブペインティングがオーディエンスを魅了した。
「522あるとき」にて。圧巻プレイのDOVE (SHO + KAJA)とリキューのライブペインティングがオーディエンスを魅了した。

誰もが遊べて使えるフリー空間

「このハコは縛りがない」とスタッフの石田誠さんは言う。
ジャンルは多彩。イベントごとに集まる客層はがらりと変わる。

席のキャパは80人、スタンディングなら150人。イベントにより席は自由にレイアウトでき、ライブのない日はスタジオになるし、演劇イベントの前は劇団の稽古場に。
誰もが楽しめる遊びの場であり、誰もが使えるフリー空間なのである。



スタッフの石田誠さん
スタッフの石田誠さん

石田さんはフードフェスティバルC'festa(シェフェスタ)でのライブイベントや、春日野音楽祭のブッキングも手がける。

元は自身もアーティスト。レゲエDJであった。その後、スタジオの店長を務めるなど、奈良の音楽産業に携わってきた人。

「今は若い子たちを見ていることが楽しい。メジャーを目指すバンドは売れてほしいし、自分の音楽を追い求める子は応援したい。できるかぎりサポートしていきたいですね」。

自身の強みを生かしてクラブ系のイベントも増やしていきたいと思う。
そして奈良から出た人たちが「帰ってくる場所」でありたいとも。
「三条通りで音と人と楽しいことがつながれば」。

白ちゃんの家は、誰にでも門扉を開いて待っている。

Information

エンジョイスペース 白ちゃんハウス
住所
奈良県奈良市下三条町2-1 Si-Ro三条 B1F
駐車場
無(近隣に有料Pあり)
問い合わせ先
電話番号
0742-20-4655
リンク
白ちゃんハウス

関連記事

SNS