1. Home
  2. おでかけ
  3. 【 吉野山の桜(2018)】見ごろ・アクセス・駐車場・絶景スポットなどお花見…

【 吉野山の桜(2018)】
見ごろ・アクセス・駐車場・絶景スポットなどお花見に役立つ情報満載!

  • 情報掲載日:2018.03.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

吉野山はどんな桜スポット?

吉野山といえば、あまりにも有名な桜の名所。約3万本もの桜が山全体を覆う迫力の絶景を目にするべく、世界中の人が訪れる奈良県随一の桜スポットだ。

桜の密集地は下千本、中千本、上千本、奥千本とエリア分けされており、山裾から山上へと順に開花していく。例年4月上旬から末にかけてと、長く見頃を楽しむことができるのも吉野山の特徴のひとつ。

特に眺めがきれいな場所・おすすめ絶景ポイント

各エリアで特に評判のお花見ポイントは次のとおり。

下千本エリアでは「お野立ち跡」から見る七曲り坂の桜。
中千本エリアでは、世界遺産吉水神社から見る「一目千本」の桜。
上千本エリアでは、花矢倉展望台周辺から見る桜。
奥千本エリアでは、西行庵周辺の桜。
ほかにも、シダレザクラは嵐山や東南院、如意輪寺、竹林院などが特に美しい眺めとして名高い。

古来より吉野は神仙の棲まう山として尊ばれ、多くの文人墨客や豊臣秀吉をはじめとする歴史上の偉人をも強く惹きつけた由緒ある名所。
現在は茶屋なども多く、咲き乱れる桜が山肌を覆う花の海のような眺めをじっくりと愛でられる。吉野名物の甘味である葛もちや抹茶を喫しながらほのぼのと楽しむ花見に、足を伸ばしてみては。

混雑を避けゆったりと桜鑑賞を楽しめる、早朝に訪れてみよう

吉野山の桜の大半を占めるヤマザクラは、早朝の柔らかな光の下で見るのが最も美しいとも言われている。混雑しにくい早朝の時間帯を目指して訪れてみるという、ツウな花見もおすすめ。

【お花見情報】吉野山の桜の見ごろ・夜桜ライトアップ・時間・売店情報など

▷例年の見ごろ
下千本エリア/4月10日頃
中千本エリア/4月12日頃
上千本エリア/4月15日頃
奥千本エリア/4月20日頃
※2018年は1週間ほど早い可能性あり
▷ライトアップ
あり(18:00~22:00)
下千本エリア「七曲り坂」付近
中千本エリア「五郎平」付近
上千本エリア「大塔の宮」付近

▷売店(屋台)
多数あり
▷ビール販売
あり
▷日本酒販売
あり
▷近隣にコンビニ
なし
▷公衆トイレ
あり
▷鑑賞時間
終日
▷料金
無料
▷桜の本数
約30,000本
▷桜の種類
シロヤマザクラ他約200種

観桜期最大の行事「花供会式」

桜の時期の吉野山ではさまざまなイベントが開催される。
なかでも最大の行事は「花供会式」。
4月11日(水)、12日(木)10:00に竹林院を出発。奴行列を先頭に、一山僧侶、稚児、山伏、信徒らが行列を整えて竹林院から蔵王堂まで練り歩き、金峯山寺の本尊・蔵王権現に桜をお供えする。

【アクセス・駐車場情報】

▷住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山

▷交通アクセス
近鉄吉野駅より
下千本エリア…徒歩すぐ
中千本エリア…臨時バスで約15分(9:10頃~16:30頃随時運行、大人片道360円)
▷駐車場
下千本駐車場
普通車約400台/1,500円/終日利用可能

その他、観桜期限定の臨時駐車場や各寺社、店舗付帯の駐車場など多数あり。ただし混雑時期はいずれも満車の可能性あり。

混雑時はマイカー入山規制の可能性あり

4月上旬など特に混雑が予想される週末は、マイカー入山規制実施の可能性あり。その場合、吉野山ふもとの郊外駐車場(吉野小学校、吉野高校付近/料金1,500円)に駐車し、無料のシャトルバスで下千本駐車場(吉野山の玄関口)まで向かう。

Information

吉野山
住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
問い合わせ先
吉野山観光協会
問い合わせ先
電話番号
0746-32-1007
リンク
吉野山観光協会

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS