1. Home
  2. おでかけ
  3. vol1.今日は「弥生」に会おう!「葛城市歴史博物館」

おさんぽアート

vol1.今日は「弥生」に会おう!「葛城市歴史博物館」

弥生時代へおさんぽしました。200円です。

  • 情報掲載日:2017.09.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

奈良はすぐに「弥生」に会える。

なにしろ1,300年の歴史ある社寺へフツーにサンポができてしまう。

奈良は古都だがそんじょそこらの古都とは違う。日本国建国の地である。神武天皇のその前から、神々が降臨した土地なのだ。

遺跡や古墳はどっさりあって、その結果、ミュージアムもどっさり揃って、いつも来る人を待っている。ハイ、古代はこちらですよー。

飛鳥資料館、唐古・鍵 考古学ミュージアム、桜井市立埋蔵文化財センター、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館、歴史に憩う橿原市博物館、ハイハイ、まだまだありますね。

だから「今日は弥生だな」と思ったら、
「弥生」に会うことだってできるのだ

いや、縄文だって、万葉だっていいのだけれど、今日は弥生。そんな感じ。
葛城で取材があったので、ふと「弥生」に会うことにした。葛城市歴史博物館へ行く。

ここはこじんまりしたミュージアムである。だからいい。人気のない展示室で、小さな壺に出会う。


素朴だがきれいな曲線を持っている。この土は2,000年も前の弥生の土だ。

2,000年前、その地にいた人が、土をこねて作り、壺にして、何か暮らしの大事なことに使ったものである。

その人の手を思う。暮らしを思う。会って話すことはかなわないが、今日、その壺と向き合って、その壺の向こうのはるかな時を感じることができる。

入館料200円払ったら「弥生」に会えます。縄文など古代文化いろいろアリます。
入館料200円払ったら「弥生」に会えます。縄文など古代文化いろいろアリます。

オベンキョーなど抜きでいい。2,000年の眠りから覚めた縄文・弥生の石器や土器と会いたくなったら出かけてみよう。

小さな悩みなんて、忘れてしまいそう。弥生のアノ人は何に悩み、何に笑って生きたであろう。そんなことを考えながら館を出て「現代」に戻る。古代と同じ空を見上げて、ちょっと大きな気持ちになれて200円。気軽です。

Information

葛城市歴史博物館
住所
奈良県葛城市忍海250-1
電話番号
0745-64-1414
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休み
火曜、第2・4水曜
料金
一般200円、高大生100円、小中生50円
リンク
葛城市歴史博物館

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS