1. Home
  2. ライフ
  3. vol.1『engawa』で実現したいこと

奥大和をGOKANで味わう学び舎『engawa』-EAT×TRIP×CONNECT×WORK×LIVE-

vol.1『engawa』で実現したいこと

  • 情報掲載日:2019.05.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【五感】…動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。

【GOKAN】…奥大和の魅力を存分に味わうための5つの行動指針。すなわち醍醐味=食EAT・旅TRIP・繋CONNECT・働WORK・生LIVE をさす。

ここ『engawa』 では、奥大和のモノを食べて知り、様々なツアーやイベントなど旅しながら学び、地元のヒトとつながる豊かな暮らしの場を提供します。

vol.1『engawa』で実現したいこと

皆さんこんにちは。『奈良食べる通信』編集部員であり、過去日刊ぱーぷるで『農ミーツガール』を連載してました、源口葉月(みなぐちはづき)です。

この6月から橿原市の「まほろばキッチン」に併設する施設『engawa』にて新しいプロジェクトを始動することになりました。

その名も「OKUYAMATO LOCAL DESIGN PROJECT」。

この場所で、奥大和の入り口になる拠点づくりを実践します。そもそも奥大和って何?と疑問を抱いている方へ。奥大和=奈良の東部・南部に位置する市町村を指します。

一言でわかりやすく言えば、ズバリ奈良の自然豊かな田舎地域です(でも、面積でいうと奈良県の多くが奥大和です)。

施設のコンセプトは、タイトルにある通りです。

「GOKANで味わう奥大和」。

具体的に私たちがこの場所で実践したいのは以下の通り。

その①「OKUYAMATO商店」暮らしの展示販売。

奥大和で活躍する農林業の生産者・加工業者・工芸作家・木工作家など、“つくる人”たちの宝物を集めてきたセレクトショップ。

実際に、フリースペースのテーブルやイスに商品を設置、使用してもらいながら展示販売します。大事にしたいのは、単純にモノを売るのではなく、その背景にいる“つくる人の物語”を伝えること。

その②「奥大和の人と繋がる、ワークショップ」

大手旅行会社のツアーや観光パンフレットでは味わえないような、【ローカルの人】に会えるイベントと巡るツアーを企画します。

『奈良食べる通信』のつながりある生産者、『シェフェスタ』でつながりある飲食店やシェフ、その他奥大和に住む地域プレイヤーとともに地域を盛り上げていく内容を構築します。

その③「奥大和を旅する、ツアー」

実際に『engawa』でワークショップを体験した後は、現地を訪れてみたいはず。そんな仲間を集い、普段では訪れることができない畑や工房をめぐります。もちろん、その場でしか味わえない生産者の顔が見える食の醍醐味も忘れずに。

施設のイメージはこんな感じになります。

この連載では、奥大和の魅力をみなさんにたっぷり伝えながら、イベントやツアーへご案内いたします。

ぜひ、私たちと一緒に、奥大和の醍醐味=食EAT・旅TRIP・繋CONNECT・働WORK・生LIVEを味わい尽くしましょう。

【7月26日(金)engawaオープンお披露目会〜奥大和サミット〜を開催】

>>>詳細は次号で公開しますのでお楽しみに…。

Information

奥大和をGOKANで味わう学び舎 engawa
住所
奈良県橿原市常盤町605-5 橿原総合庁舎別館
備考
7月末オープン予定!!

◇◇◇

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS