1. Home
  2. グルメ
  3. 【萌黄(もえぎ)/ベーカリー/葛城市】生地作りにこだわったベーカリー…

【萌黄(もえぎ)/ベーカリー/葛城市】生地作りにこだわったベーカリーの2020年春の新作パン

  • 情報掲載日:2020.04.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

近鉄尺土駅より、徒歩約5分。
時間をかけてゆっくり発酵させ、小麦の風味を最大限に引き出したパンが魅力の『萌黄』。

開店時間10時にドアを開けると、ずらりと並んだパンがお出迎え。
トレイとトングを手に店内を歩くと目に留まるあのパンも、このパンも・・・ワクワクな時間のはじまりはじまり。

生地と具材の絶妙なバランスに注目!春にぴったりな新作3選

よもぎのあんバター(160円・税込)

焼き上がり時間 10時

「よもぎのあんバター」のポイントは湯種製法で作られた生地。
『萌黄』のパンは高温・短時間で焼き上げられる。
普通の生地を同じように焼くと焦げてしまうが、適切な水分量を含んだ『萌黄』のパン生地は違う。
短時間で焼き上げることにより、水分を閉じ込めているから『萌黄』のパンは次の日でもパサつかずおいしい。

よもぎを練りこんだ生地はもっちり。
やわらかな粒あんの甘みと、バターソースの塩気が食欲を刺激してくれるパン。

ベーコンとじゃがいもの春のバジルソースブレッド(230円・税込)

焼き上がり時間 10時

こちらもあんバターと同じ湯種生地を使用。
厚切りベーコンとじゃがいも、玉ねぎ、バジルソースを包み込んだ具沢山なパン。

爽やかな緑色のバジルソースは新緑をイメージ。
「今年も春が来た〜!」と感じるはず。
生地にもバジルソースが染み込んでおり、最後までバジルの風味が楽しめちゃう贅沢なブレッドだ。

いちごメロンパン(160円・税込)

焼き上がり時間 10時

『萌黄』のスイーツ系のパンは中種法で作られるため、やわらかく日持ちがしやすい。
特にメロンパンはバターやマーガリン、卵黄がたっぷり使われているから香り高くふんわり。
メロンパン表面のサクサクほろほろな食感がたまらない!
中にはなめらかないちごクリームと、果肉の食感が残る甘酸っぱい濃厚いちごピューレが。
いちご好きもメロンパン好きも要チェックな一品。

スイーツ系も総菜系もたくさんあって迷ってしまう『萌黄』のパン。
気づいたらトレーの上にはのりきらないほどのパンがあるかも?
パンがずらりと並ぶ開店時間に行くのがおすすめ。

Information

萌黄(もえぎ)
住所
葛城市八川133
電話番号
0745-48-7307
営業時間
10:00~
※売り切れ次第、終了
休み
日曜、祝日
席数
テイクアウトのみ
駐車場
2台
リンク
Instagram@panmoegi
アクセス
アクセス/近鉄尺土駅より、徒歩約5分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS