1. Home
  2. グルメ
  3. 「そんキュー!」大淀町の個性派焼き鳥店、店主の口癖も個性的!

「そんキュー!」大淀町の個性派焼き鳥店、店主の口癖も個性的!

  • 情報掲載日:2017.12.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

息のぴったり合った看板夫婦がつくる数々の焼鳥メニュー

夫婦水入らずで創業22年が経った。昭和っぽく壁中のあらゆるところに写真やポスターが敷き詰められている。

キャップの山口義広さんは「夫婦でお店をしてるけど、実は不仲なんです!」と言いながら場を和ます達人。そんな言葉もきっとジョークで言っていることは、息のぴったり合ったふたりの仕事ぶりを見れば一目瞭然。

焼鳥のうまさ、夫婦のキャラクター、他にはない店内の装飾、これが「赤影」流のおもてなし。タレは嫁さんが作った自家製。油が多い部位は焦げてしまうので弱火でじっくり焼く。

「ねぎバンザイ」390円+税(1皿3本入り)は、キャップが仕込みの際にねぎを3時間40分(笑)かけて切っているとか。

店主の奥さんが形を整えて作る絶品の「つくね」130円+税(1本)(奥)。
「超ねぎま」130円+税(1本)は、にんにくの芽とニラが間に挟まった、ねぎまを超えた進化系(手前)。

「ずり」120円+税(1本)は、丸ごと使用するため、カットの仕方が他の店とはまたちがう(奥)。
パリッと焼いているため、食感が◎の「皮」90円+税(1本)は、しっかりとした味付けがクセになる(手前)。


Information

赤影(あかかげ)
住所
奈良県吉野郡大淀町桧垣本1392-8
電話番号
0747-52-1326
営業時間
17:00~翌0:30(23:50LO)
※年末年始も休まず営業
休み
月曜
席数
テーブル11席、カウンター12席
駐車場
5台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS