1. Home
  2. イベント
  3. 【要予約】10/20(日) 薬草「大和当帰」を味わうワークショップポニーの里…

奥大和をGOKANで味わう学び舎『engawa』-EAT×TRIP×CONNECT×WORK×LIVE-

【要予約】10/20(日) 薬草「大和当帰」を味わうワークショップ ポニーの里ファーム保科政秀 × jiwa jiwa松本梓

vol4.根は薬・葉は食す 大和当帰を味わい尽くす日

  • 情報掲載日:2019.09.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

当帰(トウキ)はかつて、奈良県を主とし、日本各地の薬園で栽培されてきました。
根っこの部分を「当帰」といい、主に婦人薬として使用され、血の巡りを良くし、体を温める効果があると言われます。

そして近年、注目されているのが当帰の「葉」です。
大和当帰葉は、深い緑色が鮮やかで、セロリのような香りが特長です。

現在は、ハーブとして、大和当帰葉を料理のアクセントや香り付けで活用する動きが広がっています。
今回はその大和当帰葉をじっくり味わい尽くすワークショップを開催します。

「ポニーの里ファーム」の保科さん。
「ポニーの里ファーム」の保科さん。
「jiwajiwa」の松本さん
「jiwajiwa」の松本さん

ゲストでお迎えするのは、高取町で大和当帰を育てる農業生産法人「ポニーの里ファーム」の保科さんと、大和当帰葉を使用した入浴剤を手がける「jiwajiwa」の松本さんによるコラボレート。

イベント当日は、大和当帰葉の入浴剤を「つくる」ワークショップと「食べる」ワークショップの両方を体験していただきます。
みんなで大和当帰の効能を学びながら、じっくり味わい尽くしましょう。

※定員:20名(予定)のため、下記リンクフォームより参加予約をお願いいたします。

Information

【薬草「大和当帰」を味わうワークショップ】
ポニーの里ファーム保科政秀 × jiwa jiwa松本梓
開催期間
2019年10月20日(日)10:00~12:00
会場名
engawa(まほろばキッチンの横にある施設です)
会場住所
奈良県橿原市常盤町 605-5 橿原総合庁舎別館『engawa』
料金
1,000円(材料・体験費込み)
問い合わせ先
h-minaguchi@niplanning.jp(株式会社エヌ・アイ・プランニング 源口)
問い合わせ先
電話番号
090-3924-8470(源口)
リンク
engawa 予約申込みページ
備考
※駐車場あります(橿原総合庁舎駐車場もしくはまほろばキッチンの駐車場をご使用ください)

[主催]奈良県 奥大和移住・交流推進室

[運営]株式会社エヌ・アイ・プランニング

◇◇◇



関連記事

SNS