https://niplanning.heteml.jp/pa-puru-mama.com/pa-puru-mama_fp/
  1. Home
  2. イベント
  3. ほのぼのとノスタルジックな「森のねんどの物語」の世界へ

ほのぼのとノスタルジックな「森のねんどの物語」の世界へ

  • 情報掲載日:2019.03.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

おとぎ話の世界のような可愛らしい町や、家。
思わずくすっと微笑んでしまう、愛らしい表情の人形たち。

この独特な風合いをもつ人形や町は、吉野の割りばしの木屑を利用した粘土「森のねんどの物語」から造られている。

「森のねんどの物語」は、人形作家・岡本道康氏が2015年に考案。森の恵みを生かした粘土から生み出される人形は、今にも動き出しそうなほどに表情豊か。町の風景からは、集う人々の笑い声が聞こえてきそうな暮らしの気配が感じられる。

小さな子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで。絶妙に雄弁な一瞬を切り取って造られた人形は、写真や絵画、映像とも違う“人形”ならではの存在感でこちらを見上げる。

今回の作品展では、古民家町家ギャラリーの空間とも融合した趣を楽しめそう。
息を呑み、人形たちと目線を合わせてじーっと見つめ合う時間。空間を満たす森のねんどの香り。ダイレクトに感性を刺激する鑑賞体験は、その場に足を運んでこそ得られるちょっぴり贅沢なひとときとなる。

心がほっこりするような人形たちの小さな暮らしを、そっと覗きに行ってみて。

8日(金)、9日(土)、10日(日)、12日(火)は岡本道康氏在廊。

Information

岡本道康作品展 森のねんどの小さな暮らし
開催期間
2019年3月8日(金)~3月12日(火)
12:00~18:00
会場名
工藝舎GALLERY&STORE
会場住所
奈良県奈良市高天町45-5
料金
無料
問い合わせ先
工藝舎
問い合わせ先
電話番号
090-1898-3149
リンク
工藝舎
備考
P無(近隣に有料P有)

アクセス/
近鉄奈良駅より、徒歩約3分。
6番出口からやすらぎの道を南へ進み、福住ハウジングとみずほ証券の間の路地を東へ

◇◇◇



この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS