1. Home
  2. イベント
  3. トークイベント「未来へつなぐ日本産漆」に、CEMENT PRODUCE DESIGN代表・…

トークイベント「未来へつなぐ日本産漆」に、CEMENT PRODUCE DESIGN代表・金谷勉氏が登壇!

  • 情報掲載日:2018.10.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

奈良~平安期に漆の生産拠点「漆部造(ぬりべのみやつこ)」が置かれ、漆産業の発祥の地とされる曽爾村。2018年5月に誕生したUrushi Base Soni NENRINにて、日本産漆と曽爾村の漆について発信するイベントを開催!

地元の漆ぬりべの会メンバーとともに、漆苗木畑と漆植林地をめぐり、「漆掻き」を間近に見学することができる。

ウルシノキに傷をつけ、にじみ出てくる樹液を少しずつ採取する。
ウルシノキに傷をつけ、にじみ出てくる樹液を少しずつ採取する。

トークイベント「未来へつなぐ日本産漆」には、CEMENT PRODUCE DESIGN代表・金谷勉氏が登壇

16:00~@Urushi Base Soni NENRIN

金谷 勉(かなや・つとむ)

1971年大阪府生まれ。京都精華大学人文学部を卒業後、企画制作会社、広告制作会社を経て、1999年にデザイン会社「セメントプロデュースデザイン」を大阪にて設立。

企業の広告デザインや商業施設のビジュアル、ユニクロ「企業コラボレーションTシャツ」や星野リゾート 、コクヨとの企画ディレクションなどに携わる傍ら、自社商品の開発・販売を行う。

2011年からは、全国各地の町工場や職人との協業プロジェクト「みんなの地域産業協業活動」 を始め、つながった工場や職人は500を超す。経営不振にあえぐ町工場や工房の立て直しに取り組む活動は、テレビ番組『ガイアの夜明け』(テレビ東京系列)や『NHK WORLD』(NHK)で取り上げられる。

各地の自治体からの勉強会や講演の依頼も多く、年間200日は地方を巡り、京都精華大学や金沢美術工芸大学でも講師を務める。

2018年「小さな企業が生き残る」(日経BP社)を上梓。

CEMENT PRODUCE DESIGN代表 金谷勉×漆作家 阪本修

今回のトークイベントは、奈良市出身の若手漆芸作家で、お茶道具や日用漆器などを制作しつつデザインプロダクト「Urushi no Irodori」の企画・制作を行う阪本修氏とのカジュアルなクロストークとなる。

<漆苗木畑・漆植林地の案内と漆掻きの見学><トークイベント「未来へつなぐ日本産漆」>はいずれも申込み不要。

トークイベント後の交流会に参加を希望する場合のみ、事前に申込みが必要。
10月22日(月)申込締切、参加費3,000円。

電話0745-88-9483またはメールurushibasesoni.nenrin@gmail.comにて受付。

Urushi Base Soni NENRIN
Urushi Base Soni NENRIN

Information

曽爾村で日本産漆について考える
開催期間
2018年10月27日(土)

①14:30~ 曽爾村の漆苗木畑・漆植林地の案内/漆掻きの見学
②16:00~ トークイベント「未来へつなぐ日本産漆」
登壇者:金谷勉(セメントプロデュースデザイン代表)、阪本修(漆作家)
漆品評会報告:並木美佳(地域おこし協力隊)
③18:00~交流会

①②は申込み不要
会場名
Urushi Base Soni NENRIN
会場住所
奈良県宇陀郡曽爾村塩井605
料金
①②参加無料
③参加費3,000円
問い合わせ先
Urushi Base Soni NENRIN
問い合わせ先
電話番号
0745-88-9483
備考
メール/
urushibasesoni.nenrin@gmail.com

駐車場/
施設専用P数台、ほか駐車スペース有

アクセス/
近鉄榛原駅からバスで約60分
奈良市内から車で約75分(名阪国道「針IC」から国道369号線)

◇近くのおすすめ立ち寄りスポット◇

お亀池のほとりから山肌までを覆う見事なススキ野原。日没後は満天の星空のもと、灯籠の灯りに浮かぶ。

◇人気記事◇

◇◇◇

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS