1. Home
  2. イベント
  3. 中秋の名月が見届ける…伝説の悲恋を慰める神事

中秋の名月が見届ける…伝説の悲恋を慰める神事

  • 情報掲載日:2018.09.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
写真提供/采女祭保存会
写真提供/采女祭保存会

奈良時代、帝のご寵愛が衰えたのを嘆いて猿沢池に入水した采女(うねめ)の霊を祀るお祭り。

秋の七草で美しく飾られた大きな花扇や十二単姿の花扇使、天平衣装をまとった一行が市内を練り歩く。

雅楽の調べにのせて2隻の管絃船が猿沢池をめぐり、最後には花扇を池中に投じる。

9月21日(金)~23日(日祝)10:00~16:00には「管絃船乗船体験」もあり。(※23日(日祝)は15:00まで。)

Information

采女祭(うねめまつり)
開催期間
2018年9月24日(月休)
17:00~20:00頃
会場名
采女神社(猿沢池畔)
会場住所
奈良県奈良市樽井町
料金
無料(「管絃船乗船体験」は要協力金/大人1,000円、小人500円)
問い合わせ先
采女祭保存会(奈良市観光協会内)
問い合わせ先
電話番号
0742-27-8866
リンク
采女祭
備考
神事終了後、猿沢池にて中橋怜子氏によるうた語り公演「采女ものがたり」開催

P無(公共交通機関をご利用ください)
アクセス/近鉄奈良駅より、徒歩約5分

周辺のおすすめグルメスポットはこちら!

◇人気記事◇

◇◇◇

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS