1. Home
  2. イベント
  3. "シュリンガーラ=恋情" インド芸術の美意識に触れてみよう

"シュリンガーラ=恋情" インド芸術の美意識に触れてみよう

  • 情報掲載日:2018.06.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

インド古典音楽の代表的な打楽器タブラ、弦楽器シタールによる演奏と、ヒンドゥー教の巫子舞でありイスラム・ムガールの宮廷舞踊でもある北インド古典舞踊カタックによる公演。

今回は七夕にちなみ、テーマは「恋する気持ち」。

インド芸術には人間の潜在的な心情に訴えかけ呼び起こす美意識「ナヴァラサ」というものがあるという。今回は、七夕によせて「ナヴァラサ」の中の"シュリンガーラ=恋情"を心に呼び起こすような優美で情熱的な舞踊が繰り広げられる。

これまでインド舞踊に触れたことがないという人も、足を運んでみるときっと新たな世界と出会えるはず。七夕に、異文化の芸術に触れてみる体験はいかが?

踊ってみたくなった人には、7月14日(土)にインド舞踊(カタック)体験会もあり!詳しくは下記HPをチェック。

Information

七夕によせてインドからの恋の歌 インド古典音楽と舞踊"シュリンガーラ"
開催期間
2018年7月7日(土)
14:00~16:30
会場名
奈良市音声館
会場住所
奈良県奈良市鳴川町32-1
料金
500円(要事前予約)
問い合わせ先
アユルヴェーダサロン楓(稲葉)
問い合わせ先
電話番号
080-8514-7219
リンク
奈良のインド舞踊カタック教室CHUMCHUMMAHAL (チュムチュムマハル)
備考
P40台(無料)
アクセス/近鉄奈良駅より、徒歩約15分

要事前予約/定員90名
予約は電話またはHPにて受付

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS