1. Home
  2. イベント
  3. 安堵町歴史民俗資料館で体験できる「天理軽便鉄道の模型運転会」

安堵町歴史民俗資料館で体験できる「天理軽便鉄道の模型運転会」

  • 情報掲載日:2018.02.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

天理軽便鉄道は大正4年に開業し、現在のJR法隆寺駅の南側に隣接していた新法隆寺駅-天理駅の間を走っていた。

安堵町歴史民俗資料館では、昭和20年2月11日のラストランの記念日に合わせて模型運転会を毎年開催。多くの鉄道ファンや子どもが集まり賑わいを見せている。

この日は、普段展示ケースに納めてある旧安堵駅周辺のジオラマやガソリンカーの復元模型の運転をはじめ、天理軽便鉄道に関する資料展示や泰緬(たいめん)鉄道(タイとミャンマーをつなぐ鉄道路線)の復元模型の展示、「模型大学」会員の方々の協力によるデモンストレーションなどもあり、会場にはさまざまな車両が走る。

さらに今年は、大和路線を走る電車の模型やサンライズエクスプレスの模型も走らせる予定だ。

見学だけでなく運転操作もできる珍しいイベントなので、鉄道ファンはもちろん、電車が大好きな子ども達や家族も一緒に参加しよう!

※駐車場の混雑が予想され、近くに駐車場がないため、公共交通機関の利用がベター。



Information

天理軽便鉄道 模型運転会
開催期間
2018年2月11日(日・祝)
13:30~15:30
会場名
安堵町歴史民俗資料館
会場住所
奈良県生駒郡安堵町東安堵1322
料金
入館料 
大人200円、大学・高校生100円、小・中学生50円
問い合わせ先
安堵町歴史民俗資料館
問い合わせ先
電話番号
0743-57-5090
リンク
安堵町歴史民俗資料館
備考
P有(無料)※混雑が予想されるため、公共交通機関の利用がベター
アクセス/JR法隆寺駅からバス「農協前」下車、徒歩約3分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS