1. Home
  2. イベント
  3. 稲渕と栢森両大字に伝わる珍しい神事をその眼で確かめよう

稲渕と栢森両大字に伝わる珍しい神事をその眼で確かめよう

  • 情報掲載日:2018.01.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

国営飛鳥歴史公園館を出発して奥飛鳥の冬の風物詩「稲渕(いなぶち)の男綱」をかける「綱かけ神事」を見学するウォーキング。道のりは長いが、ノルディックポールの貸し出しもあり、村道のため、誰でも参加することができる。

子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、住民を守護するための神事で、毎年1月11日の日に柏森(かやのもり)地区で女綱が、成人の日に稲渕地区で男綱が豊作を祈って新しく作り掛け替えられ、それぞれの縄が結界の役目を担っている。外した縄は感謝を込めて焚き上げる。

「勧請縄」と呼ばれるこの綱掛けをしている所は少ないため、貴重な見学のチャンスだ。

要事前申し込み、定員30名。雨天中止。12月上旬から受け付けている。



Information

綱かけ神事見学ウォーク
開催期間
2018年1月8日(月・祝)13:00~
会場名
明日香村内
(集合:国営飛鳥歴史公園館)
会場住所
奈良県高市郡明日香村平田538
料金
100円
問い合わせ先
国営飛鳥歴史公園 飛鳥管理センター
問い合わせ先
電話番号
0744-54-2441
リンク
国営飛鳥歴史公園
備考
P有(無料)
アクセス/近鉄飛鳥駅より、徒歩約10分
※定員30名、要事前申し込み、雨天中止

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS