1. Home
  2. イベント
  3. 冬の澄んだ空気の中温かい葛湯を味わいつつ『かぎろひ』を見よう

冬の澄んだ空気の中温かい葛湯を味わいつつ『かぎろひ』を見よう

  • 情報掲載日:2017.12.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

かぎろひを観る会も今年で46回目。柿本人麻呂が692(持統天皇6)年11月17日に「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」と詠んだ歌にちなんで、毎年旧暦11月17日に開催されている。
「かぎろひ(炎)」とは、厳冬のよく晴れた日の出前、東の空を彩る真っ赤な陽光(曙光)を意味する。気温が低く空気が澄んで晴れているなど、条件が整わないと見られない。東の空に広がる、燃えるような赤い空はとても幻想的で一見の価値有り。
かぎろひを待っている間は、温かい葛湯やお茶が振る舞われ、うどんの販売もある。たき火を囲んで音楽演奏・短歌入選作の展示などを楽しんで過ごすことができ、地元の名産品を購入することもできる。



Information

第46回かぎろひを観る会
開催期間
2018年1月3日(水)
4:00~7:00頃
会場名
かぎろひの丘万葉公園
会場住所
奈良県宇陀市大宇陀迫間
料金
入園無料
問い合わせ先
宇陀市観光協会
問い合わせ先
電話番号
0745-82-2457
備考
P有(無料)
名阪国道針ICから、車で約30分
早朝のため公共交通機関は利用できません。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS