1. Home
  2. イベント
  3. 崇神天皇の御代からの伝統ある「大神神社 秋の大神祭」

崇神天皇の御代からの伝統ある「大神神社 秋の大神祭」

  • 情報掲載日:2017.10.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ご祭神である大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が山に鎮まるために、古来より本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し三輪山を拝するという、原初の神祀りを今に伝える日本最古の神社である大神神社。
10月24日に行われる「秋の大神祭」は、崇神天皇の御代にはじまり、二千年来の伝統をもつ大祭。
前日(10/23日)には宵宮祭、翌日(10/25日)には後宴祭が行われる。
大祭式で祭典が行われ、神楽「うま酒みわの舞」が四人の巫女により奉奏、秋の収穫を感謝すると共に氏子の安全を祈る。
午後からは青年会の太鼓台や地元子供会の子供神輿が賑やかに三輪の町を練り歩き、最後に拝殿前に集合。境内が元気な歓声に包まれる。




Information

大神神社 秋の大神祭
開催期間
2017年10月24日(火)10:00~
会場名
大神神社
会場住所
奈良県桜井市三輪1422
料金
拝観無料
問い合わせ先
大神神社
問い合わせ先
電話番号
0744-42-6633
リンク
三輪明神 大神神社
備考
P有(無料)
アクセス/JR三輪駅より、徒歩約5分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS