1. Home
  2. イベント
  3. 天武天皇のご遺徳を偲ぶ法要。夜には燈篭の灯りが薬師寺を幽玄な世界へ

天武天皇のご遺徳を偲ぶ法要。夜には燈篭の灯りが薬師寺を幽玄な世界へ

  • 情報掲載日:2017.10.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
写真はイメージ
写真はイメージ

薬師寺の創建を発願した天武天皇の御忌日。今年5月に再建工事が終了した食堂(じきどう)にて法要が厳修される。
食堂内には田渕俊夫画伯により描かれた食堂本尊「阿弥陀三尊浄土図」を中心に、全長約50メートルにわたる壁画「仏教伝来の道と薬師寺」が奉納されている。

「天武忌」では、食堂本尊である「阿弥陀三尊浄土図」の前に、小倉遊亀画伯が奉納された天武天皇・持統天皇・大津皇子の御絵像がお祀りされ、10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、特別に拝観することができる。
またこの日は、願いごとを書いた護摩木(1躰500円)を祈祷してもらえる柴燈大護摩(さいとうおおごま)も行われる。
そして18:00頃~は、約1,000基もの置き燈篭に灯りをともす万燈会も行われ、薬師寺が幻想的な雰囲気に包まれる。

Information

天武忌 万燈会
開催期間
2017年10月8日(日)
万燈会18:00点燈、天武忌法要18:30~
会場名
薬師寺
会場住所
奈良県奈良市西ノ京町457
料金
万燈会・天武忌法要の拝観は無料
問い合わせ先
薬師寺
問い合わせ先
電話番号
0742-33-6001
リンク
薬師寺
備考
P有(有料)
アクセス/近鉄西ノ京駅より、徒歩すぐ



この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS