1. Home
  2. イベント
  3. 【松尾寺・役行者特別公開】滅多にお目にかかれない秘仏が公開

【松尾寺・役行者特別公開】滅多にお目にかかれない秘仏が公開

  • 情報掲載日:2017.08.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

松尾寺は、718年に、天武天皇の皇子舎人親王が、勅命による日本書紀編纂の折、42歳の厄年であったため、日本書紀の無事完成と厄除けの願をかけて建立された日本最古の厄除霊場。
そんな日本最古の厄除霊場で知られる松尾寺で、毎年秋に開催される「松尾山修験道まつり」。
この期間中に、秘仏である日本最大の役行者像と前鬼・後鬼が公開。
9/3(日)10:00~は、境内中央の護摩壇において柴燈大護摩が修される。



Information

松尾山修験道まつり 役行者像特別公開
開催期間
2017年9月1日(金)~9月7日(木)
9:00~16:00
会場名
松尾寺
会場住所
奈良県大和郡山市山田町683
料金
拝観料:300円
問い合わせ先
松尾寺
問い合わせ先
電話番号
0743-53-5023
リンク
松尾寺
備考
P有(無料)
JR大和小泉駅または近鉄郡山駅からバス「松尾寺口」下車、徒歩約30分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS